スマホ依存症にさせない!中高生のスマホの定位置はリビング&ダイニングがベスト

今どきの中高生の入学祝いといえば、スマホ。

進学先が決まる前から子どもにおねだりされている、というご家庭もあるかもしれません。
子どもにスマホを持たせることは、いざというときに連絡がすぐに取れるので便利です。

一方、子どもがスマホ依存症にならないために、持たせた後の“ルール”がとても重要です。
家庭でもどこでスマホを使うか、子どもに使う場所を習慣づけさせるためのポイントをご紹介します。

スマホを持たせた後、子どもの生活はどう変化する?

スマホ 高校生

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

本題に入る前に、スマホを持たせた後の子どもの生活をご紹介します。

スマホはいつでもどこでも家族や友人とつながったり、欲しい情報がすぐに入手できたりするなどのメリットがあります。

しかしながら、子どもがスマホを持つことで家庭での生活スタイルにも変化が起き、親たちが手を焼いているという話も実際にあり、問題視されています。

男子の場合、Wi-Fi環境の中、時間無制限にスマホゲームアプリで遊ぶ。

女子ならInstagramなどのSNSのタイムラインを常にチェックしたり「いいね」をクリックするのに夢中になりがちです。

ほかにもヘッドホンで音楽を聴いているので、親が話しかけても反応せず、スマホ依存症になっているケースもよくある話です。

中高生にとって家庭は学校から解放されるのんびりできる場所ですが、宿題や遊びのメリハリをつけることも大事。

このような理由から親たちも家のスマホの定位置の設定が必要です。

 

子どものスマホトラブルのためには、スマホの定位置を決めるべき!

スマホ テーブル

ThefotosoloNo1 / PIXTA(ピクスタ)

中高生は、学生でまだ未成年の身分。

中高生ともなると親離れ子離れする時期ですが、親の管理のもと生活をしています。

当然のことながら、中高生は経験値が大人より低いため、やっていいこと悪いことも十分理解していません。

ネットトラブルや不必要な課金などをなるべく回避するためにも、親たちが家庭で子どものスマホの定位置を決めるのが妥当といえるでしょう。

 

親の目が届くリビングやダイニングを定位置とするのがベスト

スマホ リビング

y_seki / PIXTA(ピクスタ)

一人部屋を設けている場合は、子どもが部屋にスマホを持ち込んで引きこもる傾向があります。

元から部屋にこもりがちなタイプの子どもは、自分の部屋にスマホを持ち込ませないよう促しましょう。

部屋にこもらないタイプの子どもでも、部屋に持たせる場合は1日1時間以内と決めておきましょう。

子どものスマホの定位置を決めるなら、リビングまたはダイニングがベストです!

最近は共働きが増え、親が家にいないこともありますが、リビングやダイニングは家族が集まる場所であり、家庭の中でも目が届きやすい場所でもあります。

子どもが使うスマホをリビング・ダイニングに箱や棚を設けて定位置にしておくのがオススメです。

充電のコードも集約しておくと良いでしょう。

また、寝る前にはリビング・ダイニングに置く習慣をつけることも大切です。

 

約束破ったら「ペナルティ」を課すのも必要!

スマホ アプリ

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

スマホを使う時間を守らなかった、学校の成績が下がった……といったことあったら、スマホを解約するまでいかなくても、使っているアプリに制限をかける、一定期間使わせないといった“ペナルティ”も視野に入れましょう。

このように子どもに対して“ペナルティ”を定めることで、子どもの本業である勉学やスポーツ、家でのお手伝いにもバランスよく取り組めるようになります。

そして親たちも子どものスマホの使い方に対するストレスも軽減できます。

スマホ 女子高生

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

中高生にスマホを持たせることは生活がより便利なこともありますが、ゲームやSNSに夢中になりすぎで家での生活がだらけてしまうリスクも潜んでいます。

家庭での生活にもある程度メリハリをつけるためにも、スマホの定位置を家族が集うリビングやダイニングに決めて使わせましょう。