一級建築士に聞く

一級建築士に聞く!施主からの「ヒアリング」が設計提案に大切な理由2つ

設計者・建築士は、設計提案を施主様に行うため、まずヒアリングを行います。私の設計事務所では、そのお施主様の思いを形に結びつけるため、独自にヒアリングシートを作成してお話を伺っています。今回はいかにヒアリングが大事かについてご紹介。

ヒアリングでは、施主様が要望を設計者にお伝えしたいと思っているでしょうし、私たちはそれを聞いて十分に理解しようと考えているのです。

 

施主はヒアリングにどんなふうに臨めばいい?

ヒアリングシート

ヒアリングシート

私たち設計者にとってヒアリングという機会は、提案をよりよくするためのものであります。

もっと言うと、プレゼンのなかに、提案、そしてヒアリングが含まれていると言っても過言ではないです。

そのくらい私は、ヒアリングを大事に考えています。

では、お施主様としては、ヒアリングにどんなふうにのぞめばいいのか。どう伝えるのがいいのか。

あまりかまえる必要はありませんが、こうしたほうがコミュニケーションを取りやすいですよということを簡単に2つほどご紹介したいと思います。

 

1.あるだけ要望をすべて吐き出してみよう!

これはまず、お願いしていますし、できるだけお施主様が考えていることすべてを吐き出していただくように、私も努力しています。

そして、施主様には何でも言っていただいています。

ヒアリング

Rina / PIXTA(ピクスタ)

そのなかで私たちは、要望と、その奥にかくされた、施主様の欲している本質を読み解き、それらから形にするヒントを得ようとしています。

このようにする理由は、要望の組み合わせ次第でこれは無理だろうと思えた矛盾が、実現する可能性がでてきたりもするからです。

それは提案において核になる可能性を多く秘めていたりもします。

いろいろな要望が出たあと、私はお施主様にそのなかで優先順位をつけてもらい、要望の整理をします。

そうすると、フィルターにかかるように、提案へむけた方針が見えてきます。

 

2.イメージや好きの共有をするために

施主様がどんなイメージをもっているのか、そして何が好きなのか。

これらを共有することが設計提案をするうえで私は大切にしています。

ではその共有をどのように行えばいいのか。

スマホ検索

node / PIXTA(ピクスタ)

例えば、雑誌の切り抜きなどでもいいでしょう。ネットで集めた画像をスマホで見せてもいいかもしれません。

言葉のほかに視覚的な情報を相互で確認できることは、要望と提案のずれを少なくします。

以前までは、住宅雑誌やその一部をコピーしたファイリングなどを持ってきた方が多かったです。

しかし現在では、スマホから、ダウンロードした画像データを見せてくれたり、SNSツールを活用したサイトから収集した画像を見せていただいたりなど、情報共有の手段がより多彩になってきています。

イメージをわかりやすく伝達する手段ができたことで、よりお施主のイメージが私たち設計者に伝わるようになりました。これはとても便利ですね!

これらのやりとりは、家づくりに対し、設計者と施主様が同じ方向を見て進んでいくためのものでもあります。

お互いの信頼感にもつながりますし、意志の疎通がよりスムーズになることは間違いないです。

家完成

shimi / PIXTA(ピクスタ)

それは、家という完成形をともに描くための大事な関係性の構築となっていくことでしょう。

このプロセスを経て、私は設計者として、施主様の求めていることや敷地、法規など様々な情報を体のなかに染み渡らせて設計提案へと望みます。

あとはおまかせください!と言った感じです!!