ニトリの「すべりにくいハンガー」が最強な理由【ネットで見つけた私らしい暮らし】

そろそろ衣替えを本格的にされる方も多いかと思います。

以前、「最強のウォークインクローゼットのつくり方」という記事でウォークインクローゼットについてご紹介しました。
我が家のハンガーは全部ニトリの「すべりにくいハンガー」を使っています。

今回はこの「すべりにくいハンガー」についてご紹介したいと思います。

クローゼット

 

81本で税込み8,073円。コスパは最強!

こちらがニトリの「すべりにくいハンガー」。

上がトップス用ハンガー、下がボトムス用ハンガー

上がトップス用ハンガー、下がボトムス用ハンガー

アーチ型ハンガー(トップス用・3本組みで税込み299円)51本とスラックスハンガー(3本組みで税込み299円)30本を新調しました。
合計で8,073円と手頃な値段です。

以前は、イケアの木製ハンガーで揃えていました。ショップ風の見た目が気に入っていたのですが、やはり幅を取るため薄型ハンガーに買い替えを検討しました。

広いクローゼットがあり、ゆったり掛けるスペースがある場合は、見た目も良い木製ハンガーをオススメしたいですが、狭いクローゼットには薄型ハンガーが最適です。

クローゼット

というのも、木製のハンガーと薄型のすべりにくいハンガーを使用した場合、クローゼットに掛けられる服の量とそのスッキリ感には違いがありました。(以下、BEFOR・AFTERより)

こちらがBEFORE。木製ハンガーを使用している頃。

こちらがBEFORE。木製ハンガーを使用していた頃です

こちらが薄型のすべりにくいハンガーに替えた、AFTER。

こちらがAFTER

ニトリのすべりにくいハンガーに揃えたことで、木製のハンガーを使用していた時に比べると、全体で10枚くらい掛けられる服が増やせました。

クローゼット

特にボトムスハンガーは薄くて滑りやすい、男性のスーツのパンツには最適です。

主人のパンツ類もスッキリし、並べた時の見た目もきれいになりました。

 

洋服をハンギングするメリットって?

クローゼットのイメージ

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

コーディネートを考えるとき、ハンギングしてあると手持ちの服が一望できて便利ですよね。

畳んで引き出しに収納されていると、どうしても出番が少なくなったり、存在を忘れてしまうことも……。

Tシャツ類、インナー、ルームウェアなどは引き出しでも良いのですが、ボトムスやシャツ類はやはりハンギングが適しています。

主人はハンギングされている洋服しか着ないため、先日衣替えをしようとしたら、すっかり忘れらてシーズン中1度も着なかったボトムスやらニットが出てきました(涙)。

また、木製ハンガーはニットを掛けるとモノによっては肩の部分が変形してしまうこともありましたが、ハンガーを替えたおかげでニットも気にせず掛けられるようになったのは嬉しいです。

今回のハンガー総入れ替えにより、掛けられる量が増えたので、引き出しにもスペースができました。

クローゼット

以前は娘の洋服をリビングのスタッキングシェルフに収納していましたが、クローゼット内に収納できるように。

サイズがどんどん大きくなる娘の洋服は、これまでの小さい引出しだと収まりきらなくなってきたので、大人と同じ引出しに変更することで、取り出しやすく&収納しやくなりました。

また、引き出しの組み替えをし、ハンギングスペースを広げることもでたのです。

洋服マークのシールを貼ってこどもにも分かりやすく

洋服マークのシールを貼って子どもにも分かりやすく

 

「すべりにくいハンガー」の機能性は?

最後に、すべりにくいハンガーの「すべりにくさ」について。

上部のフック以外にもシリコンが付いていて本当にすべらないです!
急いでいるときには、すぐ取り外せず少しイラっとするくらいすべらない(笑)。

ハンガー
特にレディースのツルツル、テロテロした素材の服には最適です。
キャミソール型のワンピースなども肩ひもがずれず快適。

先ほども触れたようにアーチ状だからニットを掛けても肩に跡がつかないため、これが私にとっては本当にうれしい機能でした。

ドイツ製の某メーカーの高級ハンガーは、サイトなどの口コミを読むと、燃やす以外何をしても大丈夫なくらい頑丈で、洗濯用ハンガーとして浴室乾燥に掛けても大丈夫なようです。
一方ニトリのすべりにくいハンガーは、商品説明には 「濡れた物を掛けて使用しないでください。色移り、変色、カビ発生の原因となります」とあります。

お値段の差はそうした点にあるのかもしれません。

また、色がシルバーでスッキリと見えるところも気に入っています。

ただ、工場が違うものが混じったのか、ボトムスハンガーのシリコンのつき具合が微妙に違うのがちょっぴり残念でした。

ですが、実際に使用してみると、ドイツ製の某メーカーのハンガーと似たような機能を持っていると思いました。

ハンガー

両端と真ん中でシリコンの付いてる長さが違う!

総合的に見て、このハンガーに替えたメリットは十分ありました。

総入れ替えして本当に良かったと思っています。

みなさんも衣替えをきっかけに、ハンガーの見直しされてはいかがでしょうか。