もうゴチャつかない!低予算で「収納スペース」を簡単に増やせるコツ3つ

簡単に、そして低予算で家中をスッキリ収納できたら、こんな良いことはありませんよね!

とはいえ、いざチャレンジしてみようと思っても、それがなかなかハードルが高いアイディアだったりすることもあると思います。

そこで、筆者が実際に整理収納アドバイザーの勉強から学んだことをベースに考えた、収納スペースを増やすコツを3つご紹介したいと思います。

もちろん、簡単にできるものだけを厳選していますのでご安心を!

収納

CORA / PIXTA(ピクスタ)

 

1.「ハンガー」をリボンで連結!最小のスペースで衣服を収納

ハンガー

ハンガーをリボンで連結するだけで、1着分よりも少し膨らみますが、それでも1.3着分くらいのスペースで2着収納することができます。

現状の手持ち服の中には、似合うものと似合わなくなったものがあるはずです。

どうせ整理をするのであれば、今の自分にとって必要かどうか、似合うかどうかを考えながら処分するものと取っておくものを決めていくのがベター。

ただ、それでも雑誌のようには減らしきれないのがリアルなところだと思います。

「8割収納」を目指そうと言われても、それがなかなか難しい。

だからこそ、ムリなく簡単に増やす方法が知りたくなるのではないでしょうか。

空間そのものを増やすことはできないけれど、工夫次第で広く使うことは可能です。

段かけフック

ちなみに、100円ショップで「段差かけフック」という商品も販売されているので、こちらも参考にしてみてください。

 

2.冷蔵庫に溢れる小袋調味料は「ジップ付きの袋」に

ジップ袋

冷蔵庫の収納には、頭を抱える主婦さんも多いはず。

「もっとドリンクを収納できるスペースがあればいいのに」とか「ドアポケットの深さが少し足りないのよね」なんて不満を持っている人もいると思います。

なかでも、小物類の収納場所がなくて困っている人はかなり多いのではないでしょうか。

そんな人にオススメなのが、ジップ付きの袋を収納として利用すること。

ジップ袋

ダブルクリップを使って、たまごポケットなどの各種ドアポケットのあたりに袋を取り付けるだけで、簡単に冷蔵庫収納が増やせますよ!

 

3.「ダイレクトメール」は玄関にゴミ箱を置いて処分

ゴミ箱

実は、ダイレクトメールや各種チラシ類をリビングまで持っていき、そこで分別するというのは“リビングが散らかる大きな原因”になり得るものなのです。

理由としては、つい置きっぱなしにしてしまうことが多いから――。

 

主婦はたくさんのことをやらなければいけないので、簡単な作業はどうしても後回しにしてしまいがちです。

これがリビングが散らかる原因に!

それを防ぐために、玄関にダイレクトメール専用のゴミ箱を設置してみてください。

たったそれだけで、リビングをキレイに保つことができます。

“ゴミは部屋に持ち込まない”のが基本理念ということです。

下駄箱

ゴミ箱は目立たないところに設置すると、玄関の景観も損なわれません。

インテリアに合うオシャレなゴミ箱を選ぶのも良いですし、シューズクロークの中に紙袋を設置してゴミ箱として使うのもひとつの方法です。

お好きなやり方で実践してみてください。

 

いかがでしたか?

どれも簡単にできるものばかりです。

ぜひ、皆さんも参考にしていただければと思います。