イケアからこの春リリースされた注目の新作アイテムほかまとめ

新年度がスタートする春は、お部屋のインテリアも一新したくなりますね。

イケアからも、さまざまな新アイテムが登場していますよ。

日刊Sumaiの過去の記事から、イケアの最新情報にスポットを当てた記事をまとめて3本ご紹介します!

 

組み合わせ次第でソファにも寝椅子にもなる多機能デザイン

イケアから新アイテムが登場!組み合わせ自由なスタイリッシュなソファ

イケア

今年4月1日にリリースされたの「DELAKTIG/デラクティグ」シリーズ。

布製の柔らかな手触りが心地よいソファで、シンプル&スタイリッシュな雰囲気が持ち味です。

普通の布製ソファと違うのは、形を自由にカスタマイズできるところ。

背もたれやアーム、サイドテーブルなどの付属品があり、好みやライフスタイルに合わせて、ソファとしても寝椅子としても使うことができます。

イケア

特にソファサイドに直に設置するサイドテーブルは、ほれぼれするデザインです。

ソファと一体化するので、空間の無駄もなく、掃除も楽々。

ミニマムな暮らしや、コンパクトなお部屋にもピッタリです!

 

手づくりの味わいをデザインに取り込んだ家具シリーズが登場!

イケアプレス発表会速報レポ! 4月1日から登場する注目の新コレクションって?

イケア

こちらの記事では、3月末にスウェーデン大使館で行われたイケアのプレス発表会の内容をもとに、この春リリースされた新作を紹介しています。

発表会の目玉となったのは、新作「INDUSTRIELL/インドゥストリエル」シリーズ。

「職人による手づくり家具」をイメージして、安くて良いものを消費者に届けるための量産体制の中、人の手の温もりを感じさる温かみのあるデザインを追求したそうです。

イケア

グラス(200cc)149円、ペンダントランプ2,999円〜、テーブル39,990円、チェア14,990円などなど、リーズナブルな価格帯でありながら、丁寧な手作業の跡が感じられる品々がそろいます。

 

東海地区初のイケアは駅近でアクセス抜群!

話題の「IKEA長久手」へ行ってきました!真っ先にチェックしたいのは…

イケア

愛知県長久手市に、東海地区で初のイケアがオープンして早半年が経ちました。

オープン当初ほどの混雑はもうないかもしれませんが、車だと渋滞の心配もあるので、平日か夕方を狙って来店するのがオススメです。

愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)の「公園西駅」の目の前なので、下見程度ならリニモで行くのも良さそう。

イケア

こちらの記事では、北欧インテリアにピッタリなクッションカバーやベンチ、オシャレなペット用品など、お値打ち品との出会いをリポート。

ふらっと立ち寄っても満足させてくれる、イケアの魅力が伝わってきます。