【日刊Sumai】編集部・君島の取材、ときどきプライベート日記 vol.36

日刊Sumaiの運営のほか、『住まいの設計』『リライフプラス』の撮影で

年間70件以上のお宅撮影に飛び回る編集部・君島(46)の取材こぼれ話や、うっかり母さんなプライベートをチラ見せ!

 

黒電話が現役で活躍するお宅

黒電話

1920〜30年代に流行した文化住宅を可能な限り再現したお宅の取材。久しぶりにゾクゾクしました〜

ちなみに場所は小平です。もちろん黒電話も現役。

棕櫚の木
棕櫚の木もノスタルジックで素敵ですよね。6/14発売のリライフプラスvol.29に掲載予定です!

 

ウィービングタペストリーっていうんですね

ウィービングタペストリー

千葉方面にてお宅取材。

こちらは奥様が作っておられる作品。ウィービングタペストリーっていうそうです。

ドレスみたいで可愛い!いま結構ブームなんですね。そちら方面に疎いもので、勉強になります。

建具

同じくそのお宅で使われていたこちらの建具、ルーバーつき?引き戸なんです。

これはイイですね!初めて見ました〜。しかもめっちゃ開け閉めしやすいのです。

オリジナルなのかな?と思ったらナニックさんのウッドシャッターっていう商品だそうです。

奥様がネットを駆使して発見したそう。インテリア偏差値高いですね!

 

ホテルみたい!脚がないソファ

6月14日発売のリライフプラスでは「インテリアショップのリノベ」特集を予定しています。

というわけで昨日は横浜市内でスタンダードトレードさんがリノベしたお宅の撮影へ。

このソファがめちゃめちゃカッコいいのです。しかも脚がないんです(壁に座面が固定されてます)。

うまく撮れなかったのですが、この倍くらいのサイズなのでぜひ誌面でご覧くださいね!