暮らしのコツ

mujikko-RIEmujikko-RIE

キッチン汚れを予防できるアイデア5つ

整理収納コンサルタントという仕事柄、収納は好きなんですが、掃除は嫌いなんです。掃除をしたくないがために整理収納に力を入れている、と言っても過言ではありません。にキッチンは汚れやすいし、細々したものが多くて大変ですよね。

どうやったら掃除を最小限にできるか?といろいろ試して、現在、かなりラクになりました。実際にわが家で実践しているアイデアを5つご紹介したいと思います。

1.余計なモノは置かない

キッチン

以前はキッチンツールを吊るしたり、オイルをおしゃれな容器に詰め替えて置いたりもしていました。確かに便利で見た目も良いのですが、掃除のハードルが上がりまくった過去があります。

キッチンまわりに物を出しておくのは、料理が好きな人・まめな人に限りますね。掃除の面でいうと、物は収納しておくのが一番汚れません。

2.コンロのグリル排気口に「排気口カバー」を投入

グリル排気口カバー

コンロの奥にある排気口って狭くて掃除しにくいですよね。これは予防に限ります!上の写真はtowerの排気口カバーです。

普段はカバーを乗せて汚れが入り込むのを防ぎつつ、魚焼きグリルを使うときは必ず奥に倒します。

これ自体も掃除しやすいので、ストレス激減です。もっと早く買えば良かった、と後悔したくらいのアイテムです。

3.オイルスクリーンをフル活用

オイルスクリーン

コンロ周りが汚れる一番の原因は、油やトマトソースが飛び跳ねること。それならば、元から防げばいいのではと思ってしまいますよね。

これも予防できます!数年前から使ってるのが「オイルスクリーン」です。持ち手がついた金属メッシュなのですが、もし油が跳ねてもこれが受け止めてくれます。
揚げ物だけじゃなく、普段の料理から使うようにしておくとかなり汚れにくくなりますよ。ニトリでは税抜き370円〜購入できます。

4.コンロの隙間は「隙間ガード」でブロック

コンロ隙間ガード

コンロの隙間って、知らない間にいろいろ入り込んでいますよね。そして、狭くて掃除しにくい!これは100円ショップで買える「コンロ隙間ガード」で予防できます。

引っ張りながらコンロの縁をぐるっと一周巻くだけです。この一手間でかなり汚れにくくなるのでオススメです。

5.メンディングテープでパッキンを保護

メンディングテープ

パッキンの保護には、メンディングテープが便利です。メンディングテープとは、見た目は半透明のセロハンテープなんですが、貼ると透明になって存在感が消える不思議なテープ。ホームセンターや100円ショップでも購入できます。

これをキッチンの天板と壁との境目のパッキン部分にしっかり貼り付けて、保護しておきます(写真では、キッチンの隅を箸先で押さえながらテープを貼っています)。
透明なので、テープが貼ってあるなんて気づきませんよね。

これだと、汚れが気になったときに張り替えるだけでOK!楽チンです。キッチンだけじゃなく家中で使えるワザです。

これからは予防の時代!ちょっとした工夫で掃除の時間は大幅に減らせます。

*記事に掲載している商品は2019年9月時点のものです。

  • B!