廃校をリノベした空間に「無印良品」の小屋!? シラハマ校舎って知ってる?

いよいよGW突入ですね!旅行やレジャーの計画、はたまた長期休暇を利用してのお片付けやDIY等々、皆さんプランは万全でしょうか?
先日、ひょんなきっかけから、ステキな場所を巡る日帰りツアーを満喫してきました。

今回は、千葉県最南端にある白浜町に誕生した新型の多目的施設、「シラハマ校舎」をご紹介します。

シラハマ校舎

このシラハマ校舎は、廃校になった小学校と幼稚園の木造校舎をリノベーションし、複合施設として生まれ変わりました。
また、この施設の中には「無印良品の小屋」が展示され、GW期間限定で見学・説明会も実施していました。

シラハマ校舎

 

千葉県最南端・南房総の廃校をリノベした空間に「無印良品の小屋」の展示が

シラハマ校舎

この日、大型犬も車に乗せて東京からの道のりは春の嵐。

シラハマ校舎

約3時間強のドライブで空腹をかかえ、シラハマ校舎に辿り着いた瞬間に、風雨が止みました。

シラハマ校舎

併設のカフェレストランでまずは腹ごしらえ、と犬がOKのテラスで美味しいランチを堪能。

シラハマ校舎

テーブルの先、目の前に広がるのは、元・校庭にポツポツと建つ黒い小屋。

シラハマ校舎

これ、「無印良品の小屋」なんです。

しかも販売しています。

シラハマ校舎

空いている区画に申し込み、300万円(税込・施工費込 ※但しオプション費用別途有り)で買える、極めてシンプルなワンルームです。

筆者宅も超狭小平屋ですが37平米、この小屋は6畳あまりの約9平米!

バス・トイレは一切ありませんが、心配はいりません。

シラハマ校舎

校庭中央に、トイレやシャワーが使える共有棟があります。

 

豊かな自然を楽しめる「農ライフ」の提唱

シラハマ校舎

校舎は、ゲストルーム・オフィス・コワーキングスペース・カフェレストランになっていますので、小屋オーナーさんはそれらの施設を利用することができます。

シラハマ校舎

ここは幼稚園部分をレストランにしたスペース。高い天井が圧巻です。

シラハマ校舎

その一角に、自由に使えるキッチンも。調理室や理科室を思い出しますよね?

実は、そもそも小屋の区画は「家庭菜園」。それで、収穫した野菜を料理するキッチンが用意されているのです。

 

古い校舎の味を残してリノベした空間はディテールも必見!

シラハマ校舎

一般住宅とは規模が違う大きな校舎のリノベーションは、まだまだ「進化途上中」という様相でした。

シラハマ校舎

随所に学び舎の歴史を感じさせるところが残っていたり、リノベの心意気を感じる新しいところもあります。

シラハマ校舎

かつては給食を振り分けるスペースでした

シラハマ校舎

現在は模型を置いたギャラリーのような空間

たくさんのそれらを宝探しのように見つけながら歩き回るのは、本当に楽しかったです。

シラハマ校舎

シラハマ校舎

シラハマ校舎

シラハマ校舎

電気自動車TESLA用の充電器も!

この日はちょうど、レストランシェフのお嬢さん(でしょうか?)が一緒に巡ってくれました。

シラハマ校舎

うちの大きな犬にも興味津々! ちなみに筆者の発見ベストワンはこれでした(笑)。

シラハマ校舎

アルミサッシでさえ、昔はどこかユルく、微笑ましいディティールを持ち合わせていたのですね。

 

いかがでしたか?

シラハマ校舎

シラハマ校舎

このシラハマ校舎は、日本全国で課題になっている「空き家」「廃校」の利用と、地域活性化の仕組みが評価され、2017年グッドデザイン賞を獲得しました。

シラハマ校舎

アイデアや意志があっても、具体化するには相当の労力と、それを支える確かなセンスがなければ成し得なかったことだと、すっかり晴れた広い空の下で思い、大変感銘を受けました。

シラハマ校舎

駆け足でご紹介したので、他にもご紹介したい所は多々ありますが、それは皆さんが実際に訪れ、それぞれに感じ取ってほしいと思います。

ちょうどこのGWに、小屋の見学・販売説明会も開催されるそうですよ。

では、私達は次の目的地・館山へと移動します。

シラハマ校舎

続きもお楽しみに!