元・公務員宿舎がDIYできるアパートに!館山で話題の「ミナトバラックス」を訪ねて

房総半島南端のシラハマ校舎に感動した後は、北へ戻って館山へ。

DIYブログで大人気の漆原秀さんが、現在の本拠地にしている「ミナトバラックス」に着きました。

ミナトバラックス

漆原さんとは、3年程前にリノベーションのイベントで名刺交換をして以来、主にフェイスブックで交流していました。

一昨年、築古の公務員宿舎を手に入れた際には興味津々(笑)!

夫と愛犬と共に、ビフォアお披露目イベントにも参加しました。

ミナトバラックス

設計事務所による模型も用いたプランの説明会の様子です

その後の様子も拝見したいと常々思っていましたが、なかなか機会がありません。

ある日筆者がフェイスブックで本当に何の気無しに「芝刈り機を買う予定」と投稿したところ、漆原さんが「ミナトバラックスで使っていない芝刈り機があるので譲ります!」と、コメントをくださり、今回の弾丸ツアー決行に至った次第です。

芝刈り機

色使いがキッチュで可愛い芝刈り機、頂戴しました!

さあ、果たしてどう変わっているのでしょうか?

ワクワクです!

 

リノベは部分的にとどめ、各々工夫して住みこなす楽しさを提供

1階の大部分は共用スペースで、ギャラリー展示やパーティールーム・作業室・倉庫として利用されてました。

ミナトバラックス

アーチスト服部ぼぶさん作。筆者と漆原さん共通の友人です

レトロ感がたまらないトグルスイッチをここでも発見!

ミナトバラックス

職人さんの心意気を感じる作り込みにグッときますね。

ミナトバラックス

倉庫には、集めた雑貨やインテリア素材がザクザク! みな出番を待っているお宝達です。

ミナトバラックス

アパートのキッチンは設計事務所のオリジナル。

シンプルですが、カウンターの支えを斜めに落としたラインにデザインセンスを感じます。

ミナトバラックス

床は合板を現場で滑らかに加工したローコスト仕上げ。ビスが見えていても、新品のフローリングやフロアタイル等よりも、むしろ全体の雰囲気に良くマッチしています。。

ミナトバラックス

昭和な雰囲気の板張り壁。

ここから、借りた人が塗るも良し・貼るも良しのキャンバスのような空間です。

水回りは、ほぼ既存のままですが、お風呂だけはデザインの良い大きめの浴槽に取り替えられ、追焚付というのは嬉しいポイント。

ミナトバラックス

荒々しい部分も残っているので、やはりカスタマイズはしたくなりますね。

きっと私だったら養生ゴムマットを敷いて……などアレコレ考えながら見るのも楽しいひと時です。

 

手の届く「憧れの生活」や「欲しかった住まい」がここにある!

ミナトバラックスは、大家さんである漆原さんと入居者の交流も活発。

食材のおすそ分け等、昔の長屋的コミュニティが形成されているので、子育てもしやすそう。

ミナトバラックス

「DIYしたいけど未経験……」という場合も大丈夫。

漆原さんや入居者さん達にアドバイスしてもらえますし、道具も貸してもらえるそうです。

しかも基本的に退去時の原状回復義務はなし!

ミナトバラックス

入居募集中の部屋。残りあと2部屋になっています。

また、このミナトバラックスは、デュアルライフ(DUAL LIFE=二拠点生活)用としても提供したいというのが漆原さんの考えです。

ミナトバラックス

隣接のエアストリームも宿泊可能・ミナトバラックス内にもパーティースペース、ゲストルームがあります。

ミナトバラックス

建物をフルリノベしない分コストを極力抑え、デュアルライフを目指す人が一歩踏み出せるような、良心的価格設定になっているのです。

 

これからも目が離せない館山、出会いに感謝

物件を所有されてから、様々な難題があったと思いますし、今後の課題も山積みといった状況でしたが、必ずや年々良い方向に進化していくことでしょう。

なぜなら、漆原さん自身がそれを楽しんでいるから

ミナトバラックス

19世紀の美術評論家ジョン・ラスキンの言葉を思い出していました。

「自分に合った仕事に就いている時、豊かな庭に色づいた花が咲くように、楽しみが仕事から生まれる」

ミナトバラックス

ミナトバラックス

大家も入居者も、古い建物を楽しんで住むうちに五感は豊かになり、クリエイティブな交流が生まれ、いつか地域の活性にまで導かれる……そんな未来がイメージできました。

ミナトバラックス

娘さんが書いてくれた愛犬の絵です。早速、大事に我が家に飾りました。

ミナトバラックス

ミナトバラックス

さて、ツアー最後の目的地、歴史ある美しい建物での様子は、次回に続きます。

ミナトバラックス

 

【取材協力】

※ MINATO BARRACKS(ミナトバラックス)