ダイソン、マキタ、ブラウン…実は気になってた家電の使い心地は?

独自の視点と徹底したリサーチに基づいた商品レビュー記事に定評のある、日刊Sumaiライターのkatiさん

「これ使ってみたかった」「こんな商品あるんだ」と感じさせられる記事がたくさん執筆されています。

そんなkatiさんの商品レビュー記事の中でも、とくに反響の大きかった記事を3本まとめてご紹介します!

 

1.ダイソンのヘアドライヤーは低温、大風量で乾きが早い!

確かに「まったく新しい」ダイソンのヘアドライヤー、使ってます!

ダイソンのドライヤー

中が空洞になっているダイソンのドライヤー。

斬新で未来的なデザインはインパクト大で、発売当初は大変話題になりました。

値段は一般的なドライヤーの3~4倍ほどで、少々お高め。

欲しいけれど、二の足を踏んでいる……という方も多いのではないでしょうか。

ダイソンのドライヤー

ダイソンのドライヤーは、大風量で乾かすことができるという特徴があります。

低温設定で温風を出すことができるので、至近距離でドライヤーを当てても熱くありません。

「ならば、ペットに使うのにもピッタリでは?」と、大型犬のシャンプーのためにダイソンのドライヤーを購入したそう。

大風量なのであっという間に乾き、ドライヤーの時間も短くてすむため、結果、ペットも飼い主も大満足!

もちろん人間用にも使い勝手抜群なのは、いうまでもありません。

 

2.マキタのクリーナーにサイクロンケースの付属品が新登場!

「マキタの掃除機」がサイクロン式に!? 最強アタッチメントのメリット2つ

サイクロンアタッチメント

パワフルさとリーズナブルな価格で人気のマキタの掃除機。katiさんも長年のマキタユーザーだそう。

2018年1月に、紙パック式のコードレスクリーナーに装着できる「サイクロンアタッチメント」が新登場。

さっそく試してみてのメリット、デメリットを記事にされています。

マキタのコードレスクリーナー

サイクロン式でゴミを集めるケースは、半透明の水色で、とってもスタイリッシュ。

縦型ボトルのケースなので、コードレスクリーナーにセットしてもスッキリしたデザインです。

ほとんどのゴミがサイクロンケースに集まり、細かな粉塵は紙パックでしっかりキャッチしてくれます。

紙パックの交換頻度を減らすことができてとっても便利な反面、人によってはデメリットに感じるかも……という点についてもきちんとまとめられています。

 

3.ブラウン(BRAUN)の電動歯ブラシは軽量化でデザイン一新!

軽い、充電器が汚れにくい…。「電動歯ブラシ」の買い替えがオススメな理由3つ

電動歯ブラシ

最新の電動歯ブラシは、軽量&コンパクト化が進んでいます。

数年前のモデルと比べると、驚くほど使いやすくなっているものもあるそうですよ。

こちらの記事では、katiさんがブラウン(BRAUN)の電動歯ブラシを買い換えたときのエピソードが紹介されています。

最新モデルは以前のものより56グラムも軽くなっており、手に持ったときの感覚がまったく違っていたそうです。

軽量化により、ブラッシングしていても疲れを感じることなく、快適で心地よいとのこと。

機能性や使いやすさを重視し、デザインも無駄を削ぎ落したものに進化しています。

電動歯ブラシ

同じメーカーのものなら、本体を最新モデルに買い換えても、以前のものと同じ替え歯ブラシが使える場合もあります。

買いだめしている替え歯ブラシも、引き続き最新モデルで使用できるので、まったく無駄がありませんね!