心理学を応用した片付け習慣

「やる気」だけでは片付けできない!心理学を応用した片付け習慣・その10

「やる気があればできる!」「気持ちが大事!」

何かに取り組もうとしたとき、こんな言葉をかけられたことはありませんか?

例えば、学生時代の部活動や会社でのプレゼン準備などで、先輩や上司から喝を入れられた経験がある方も多いでしょう。

「やる気」というのは魔法の言葉で、まるですべての問題を解決してくれそうな響きがあります。

この「やる気」とは、一体なんなのでしょうか?

当然、やる気は大事!でも、やる気とは何かを考えてみると……。

「やる気」とは、具体的に言えば「意思力」です。

やる気

Deja-vu / PIXTA(ピクスタ)

一般的に「あの人は意思の力が強い」という使われ方をしていますね。

この「意志力」をさらに詳しく説明すると、「自制心(セルフコントロール能力)」ということになります。

通常、意思の力が必要なのは、次の2つの場面です。

  • やりたいことを我慢する
  • やりたくないことをやる

「お腹が減っている時に、美味しいものを食べる」という場面では、意思の力は必要ありませんよね。

空腹

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

「お腹が減っているのに、美味しいものを我慢する」ときにこそ、「自制心」という意思の力が必要になります。

では、この「自制心(セルフコントロール能力)」というのは、無限に引き出せるものなのでしょうか?

 

目に見えない「自制心」の仕組みを解明した、意地悪な実験。

フロリダ州立大学の心理学者であるロイ・バウマイスターは、学生を対象にちょっと意地悪な実験を行いました。

「味覚の調査をします」と言って集めた被験者を、2つのグループに分けます。

そして、目の前に美味しそうなクッキーを置きます。

  • Aグループ:クッキーを食べてもらい、その後パズルを解く。
  • Bブループ:クッキーを我慢してもらい、その後パズルを解く。
クッキー

ささざわ / PIXTA(ピクスタ)

ちなみに、実験では絶対に解けないパズルを使いました。

そして「どのくらいの時間パズルを解こうと努力したか」を計測します。

その結果は、「自制心(セルフコントロール能力)」の正体を明らかにしてしまいました。

 

体力と同じく消耗する!「自制心」は使えば使うほど減ってしまう。

Bグループの被験者(クッキーを我慢した人)は、Aグループ(クッキーを食べた人)に比べて、パズルに取り組んだ時間が60%近くも短くなったのです。

パズル

utoi / PIXTA(ピクスタ)

なんと半分以下……。Bグループの中には、実験中に文句や愚痴を言う学生も多かったそうです。

このように「何か(クッキー)に対して自制心を消耗すると、まったく別の何か(パズル)に対して自制心を保てない」という現象は、「自我消耗」と呼ばれています。

つまり、人間の自制心は無限ではないということです。

個人差はありますが、使い続ければいずれなくなってしまうものなんですね。

 

片付けられないのは、他の何かを我慢しすぎているからかも。

片付け習慣も、身につけるには「自制心(セルフコントロール能力)」が必要です。

それは一般的に「やる気」と呼ばれていますが、実験が明らかにしたのは「やる気」の量にも限りがあるということ。

なかなか片付けに手がつけられない方は、どこかで「やる気」を使い切ってしまっていませんか?

掃除 疲労

A_Team / PIXTA(ピクスタ)

「ダイエットしている」「仕事がハードな時期」などの場合は、「やる気」の残高が底をついているのかもしれません

そんな時はまず優先順位をつけて、「やる気を片付けにも残しておける環境を整える」ということを意識してみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ ロイ・バウマイスター『WILLPOWER 意志力の科学』