連載
自営業の妻、3年かかって家を買う

部屋が2倍はオシャレに見える!? 選んでよかった照明4つ【自営業の妻、3年かかって家を買う】

インテリアのセンスというものがない私ですが、新居は“なんちゃって~”でもいいから「かっこいい部屋」にしたいなと思っていました。

おしゃれな人の部屋というのは、だいたい照明がかっこいいんですよ(強引)。

ということは、照明さえかっこいいものを手に入れたら、かっこいい部屋になるんじゃないか! という安易な考えを自ら実行したわけです。

すると……、思っていた以上のおしゃれ部屋ができました!

照明を買うって、一生に何回あるでしょう? 冷蔵庫や洗濯機などの家電よりも、きっと買う機会が少ないですよね。

一度買ったら、ずーっとそれを使い続けることが多いです。

だからこそ、ちょっと頑張って選びました!

そこで、皆さんにもオススメしたい照明を4つご紹介いたします。

 

※ 【自営業の妻、3年かかって家を買う】 今までのシリーズを見てみる

 

1.男前な照明をチョイスして、LDKが一気にオシャレに!

男前な照明

我が家のLDKは30畳もありますので、家族の生活スタイルの変化に合わせて模様替えを繰り返すことを前提としています。

照明の設置場所があらかじめ限られていると、その下にしかテーブルを置けなかったりします。

ダクトレール

模様替えをして、いざ夕食を食べよう!という時にテーブルの上に照明がなくて真っ暗、なんてことでは困ります。

そこで、なるべく広範囲に自由に明かりがつけられるようにダクトレールを2本取り付けることにしました。

凸LAMP glass(クリア)

リビング部分にぶら下がっているのはflameさんの「凸LAMP glass(クリア)」

ちょっとした気泡がガラスに入ってしまったから40%オフ!だったんです。

運命を感じて3つも買っちゃった。

シンプルなのに、個性的。形も可愛いし、ガラスを通った光の優しさがいいです。

凸LAMP glass(クリア)

ペンダントライトって、下にばっかり光が集中することが多いのですが、これは天井まで明るくしてくれるから、部屋全体がほんわかした光に包まれるのです。その影は水面のようで芸術的。

リビング、キッチン、仕事部屋で稼働中です。

 

2.LDKには存在感がある助っ人アイテムも投入

最初に申し上げた通り、LDKにはもうひとつ、インテリア性を高めるための助っ人アイテムを用意しました。

30畳の広さにも負けないくらいの存在感を持ち、この家の顔にもなってくれるライトを結構な時間をかけて探しました。

「FLOS265」のブラック

いろいろ悩んだ末に選んだのは「FLOS265」のブラックです。

アームの長さは2メートル以上あり、上下に角度を変えながらダイナミックに動きます。

三角枠のブラケットも左右に動くので変幻自在、男前でありながら妖艶な雰囲気さえ漂っています。

どの角度の姿も飽きません。

ちよっぴり残念なのは、我が家の天井は一般的なマンションの天井高しかないので、この照明の可動域を活かせていないところですかね。

でもかっこいいから、結果オーライ!

 

3.寝室&クローゼットには無印良品のスポットライト

無印良品のスポットライト

クローゼット前の壁にもダクトレールをつけました。

そこへ、以前から夫の事務所で使っていた無印良品のスポットライトを取り付けています。

このスポットライトは、もちろんLDKのダクトレールでも使えます。

 

4.無印良品「手元をてらすリビングライト」は読み聞かせに大活躍

手元をてらすリビングライト

前にも記事にしましたが、我が家のクローゼットと寝室を仕切る壁の上部は30センチくらいの隙間があります。

ですので、寝室はクローゼット照明から漏れる光で十分なのですが、子どもを寝かしつけるための絵本を読む時はさすがに暗いので、無印良品の「手元をてらすリビングライト」を追加購入しました。

コードレスでハンドルも付いているので、災害非常時もそのまま持ち出せて便利です。

 

目立たせる照明、同化させる照明

目立たせる照明

照明選びのポイントは、インテリアとして目立たせるのか? それとも部屋と一体化させて同化させるのか?を考えることではないかと思います。

我が家の場合、LDKは完全にインテリア性を重視し、逆にクローゼット&寝室や水回りの照明は目立たずシンプルなものを採用することで、部屋の印象をすっきりとまとめました。

もし私がLDKにシンプルさを求めていたなら、きっとシーリングライトや天井埋め込み型を選んでいたと思います。

それも素敵ですよね。

照明は明るくする、照らすという機能が一番ですが、インテリアとしてもとっても重要な要素で、その部屋に住む人のセンスを色濃く反映させるアイテムだと思います。

慎重に、楽しみながら選ぶことをオススメします。

 

※ 【自営業の妻、3年かかって家を買う】 今までのシリーズを見てみる