トイレ、ゴミ箱、フローリング掃除を簡単、時短に!目からウロコの掃除術3つ

ほっこりかわいい手描きイラストで人気のaipooowさん。

2人のお子さんを持つママでもあり、主婦目線で暮らしの中のお役立ち情報を見つけるのが得意です。

特にお掃除に関する記事は、反響が大きくいつも大人気!

そんなaipooowさんのお掃除テクを、日刊Sumaiの過去の記事から、3本まとめてご紹介します!

 

1.古くなったキッチンスポンジでトレイをピカピカに!

トイレ掃除イラスト

トイレ掃除に使うブラシって、何だかイヤな感じしませんか?

ブラシの先にこびりついたヨゴレ、水気を含んだブラシ置き場など、バイ菌の巣窟のようなイメージがあります。

「できればなくしてしまいたい。でもその後、どうやって掃除するの……?」

そこで考えたaipooowさん。

キッチンスポンジを廃棄するタイミングで、トイレ掃除のブラシとして使うことに!

トイレ掃除

ビニール袋を手袋の代わりにつけ、後はスポンジを手に持ってトイレをごしごし。

手を使って掃除することで、ブラシでは届きにくい部分もしっかりキレイにヨゴレをこすり落とすことができるそうです。

トイレ掃除

掃除が終わったら、手に巻いていたビニール袋でスポンジを包みこみ、しっかり口を閉じてゴミ箱へ。

これなら手を汚すことなく、無駄なくキレイをキープできますね。

2.ニオイが気になるゴミ箱は思い切って丸洗い!

 

ゴミ箱のイラスト

暖かくなってくると、気になるのがゴミ箱のニオイです。

蓋を開け閉めするたびに漏れるイヤ~なニオイ。

ゴミを捨てても、ゴミ箱にニオイが染みついて、ニオイが消えないこともありますよね。

しつこいニオイを落とすには、ゴミ箱を丸洗いするのが一番です。

クエン酸

こちらの記事では、ニオイ消しに効果的で安全に使える「クエン酸」を利用して、ゴミ箱をキレイにする方法を紹介しています。

クエン酸なら素手で触っても大丈夫なので、小さなお子さんがいる家庭でも安心してチャンレジできますね。

ゴミ箱

ニオイだけでなく、コバエやゴキブリなど、害虫も増えるこれからの季節。

定期的に、しっかりとゴミ箱掃除を行っていきたいのものです。

3.道具を使い分けることで掃除の時間を短縮できる!

 

掃除道具のイラスト

おっくうな部屋の掃除は、場所や用途に合わせて道具を使い分けて行うと、さっと短時間で済ませられます。

aipooowさん宅では、「フローリングモップ」「ダイソンのハンディクリーナー」「ほうきとちりとり」の3つを使用しています。

床面はフローリングモップを使えば、ササッと簡単にチリやホコリが取れます。

しかも、ウェットタイプのシートなら、拭き掃除も兼ねてできるので、雑巾がけをしていなくても、床はピカピカに。

ダイソンのハンドクリーナー

フローリングモップが入らない部屋の隙間や、引き戸のレールの溝など、細かい所に溜まったホコリや髪の毛は、ダイソンのハンディクリーナーでさっと吸引。

ほうきとちりとり

 

階段の掃除は、持ち運びが便利なほうきとちりとりが頼りになります。

これら3つの道具を使ったaipooowさんの掃除は、1日わずか10分で終わるそうです。

道具を使い分けて掃除を簡単・快適に行うことで、掃除の面倒くささがなくなります。

いつもキレイなお家だと、明るくすがすがしい気分でいられるので、家族の笑顔も増えそうですね!