無印「パラグライダークロスたためる仕切りケース」が使えるワケ【ネットで見つけた私らしい暮らし】

今回はGW中に行われた無印良品週間。そこで筆者がで購入して良かったものをご紹介します。

それは、「パラグライダークロスたためる仕切りケース」ナイロン製のコンパクトになるメッシュバッグです。この素材は「軽い」「丈夫」「コンパクトに持ち運べる」というトラベルシーンには欠かせない機能が備わっています。その活用事例とトラベルに使わない時にはシーズンオフの衣類の収納として使える事例も、あわせて紹介します。

やっぱり「トラベルシーン」では大活躍!

パラグライダークロスたためる仕切りケース今回はS・M・Lサイズのブラックを購入

こちらは東レが開発したパラグライダークロスで、無印良品はトラベル用品としても発売しています。

購入してすぐのGWでは、実家に帰省した際にこのケースが早速、大活躍しました。

Sサイズのケースには、娘のオムツ(Lサイズ)が横に2枚並び、合計10枚入ります。

取り出しやすくて、娘も自分でここからオムツを抜き取って祖母(私の母)に手渡していたほど(笑)。

パラグライダークロスたためる仕切りケース

もう1つのSサイズは、帽子を入れて、リュックに入れて持ち歩きました。そのまま入れるよりも、型崩れしにくくなります。

パラグライダークロスたためる仕切りケース

 

MサイズやLサイズはお洋服を入れるのに重宝しそうでしたが、今回の旅行のお洋服パッキングには以前から愛用の大判の風呂敷で包んで行きました。

風呂敷でのパッキングを始めてからは、お洋服の量に合わせてキュッと包めるので便利でやめられません。

風呂敷も便利ですが、今回購入した「パラグライダークロスたためる仕切りケース」もパッキングには最適なので、次回の旅行はこちらをメインに使ってみようかと考え中。

 

「オフシーズンの服」を入れて保管するのもアリ!

さて、トラベルシーンにも活躍したこれらのケースですが、普段はシーズンオフの衣類を小分けして入れてスーツケースに入れて保管することにしました。

購入前に、オンラインストアで各サイズを確認。

手持ちのスーツケースで何個入るのかをシミュレーション。結果、Sサイズを2個、Mサイズを1個、Lサイズを1個購入することができました。

パラグライダークロスたためる仕切りケース右半分が「パラグライダークロスたためる仕切りケース」

特に子ども服はスーツケースにそのまま入れるとバラバラになってしまうので、このケースで小分けして入れることで型くずれ防止が期待できそう。

S・Mサイズには子ども服を、Lサイズには自身のニット類を。

ちなみに無印良品のスーツケースのモジュールに合わせてあるそうですが、我が家のリモアのスーツケースにもシミュレーション通りにぴったり合いました。

下の写真は、わかりやすいようにケースを裏返した状態。キレイに収まります。

パラグライダークロスたためる仕切りケースパズルみたいに収まって気持ちがいい!

 

今回は1段式を購入しましたが、2段式(ダブルタイプ)もあり、上下段でも分けて入れることができるようです。

普段からモノを購入する際には、1つの使い道だけではなく複数の使い道を想像できた時は悩まずに買うことが多いです。

今回購入した「パラグライダークロスたためる仕切りケース」も使い道が何通りか考えられたので、これからずっと重宝しそうです。

 

ぜひ、旅行の際には活用してみてくださいね。