もう輪ゴムはいらない!?「袋留めクリップ」のオススメの使い方4つ

突然ですが、使いかけ食材の袋を留めるものと言ったら?

ほとんどの方が「輪ゴム!」と答えるのではないでしょうか。

留具

では、食パンの袋を留めるアレやこれ……。使いにくいと感じてるものの、仕方なく使っていませんか?

留めるのが面倒な割にしっかり閉じれてないことも多いんですよね。

特にお子さんにとっては難しいです。

また、輪ゴムも密封というよりは“とりあえず留める”という意味合いで使ってることが多いのではないでしょうか。

 

100均でも買える!「袋留めクリップ」がオススメ

袋留めクリップ

そこで心からオススメしたいのが「袋留めクリップ」です。

最近は100円ショップや雑貨屋でも見かけるようになりました。

ただ、持ってるけどいまいち使いこなせない、という声があるのも事実。

筆者もこの良さに気づいたのは割と最近なんです。

でも便利さを知ってからは、もうクリップなしの生活は考えられません!

そんなクリップ愛用者である筆者の、実際の使い方を4つご紹介したいと思います。

 

1.「食パンの袋」を簡単に留められてストレス激減!

食パン

やっぱり一番のオススメは食パンの袋!

あの留め具には毎回ストレスを感じていました。

朝食はパンが多い我が家にとってはほぼ毎日のことなので、その効果はかなり大きいです。

 

2.密閉度もOK!「冷蔵」「冷凍」にも使える

袋留めクリップ

もちろん、冷蔵や冷凍もできます。

ただ、唯一の難点は輪ゴムで留めた時よりかさばる、という点でしょうか。

でも、使いやすいさは輪ゴムよりクリップに軍配が!出し口がわかりやすいですし、開けた時にこぼれる心配もありませんからね。

また、密閉度に関しても輪ゴムより断然クリップだと思います。

 

3.こぼれる心配なし!「詰め替え用の洗剤」にも

洗濯洗剤

最近はパッケージの派手さを敬遠して、シンプルなケースに詰め替える方が増えましたね。

ただ、ケースが小さいと全部入りきらない問題も……。

詰め替え用洗剤はジッパーがついてないことが多いのですが、このようにクリップで留めてしまえばこぼれる心配はありません。

むしろジッパーよりこちらの方が使いやすいと思います。

 

4.「ガーデニンググッズ」の大きな袋にも!

ガーデニンググッズ

ガーデニングのために土や肥料はなかなか1回では使い切れませんよね。

でも適当に留めるとこぼれる心配もあります。

そんな時もクリップの出番!

袋の端を少しだけカットすれば土も注ぎやすいです。

こんなに大きな袋を留められる輪ゴムってなかありませんからね。

大きな袋にはクリップが重宝しますよ。

 

大は小も兼ねるので、2種類用意することをオススメ!

袋留めクリップ

クリップのサイズは大小で展開しているものが多いです。

小サイズの方が使い勝手がいいですが、大は小も兼ねるので、2種類用意しておくのをオススメします。

本当に家中の様々な場面で活躍しています。

家中で使うとなると大量に必要になってきますが、IKEAのは1袋に大量に入っているのでオススメです。

脱・輪ゴムで快適ライフに移行してみてはいかがでしょうか?