技術と価格だけじゃない!「エアコン取付業者」はどう選べばいい?

本格的に梅雨入りしましたが、梅雨明けの猛暑にそなえてエアコンの新設、または買い替えを検討されているご家庭も多いのではないでしょうか。

最近ではインターネットでエアコン本体を購入し、取付業者は自分で手配する……というスタイルがじわじわ増えていますよね。

そこで、エアコン取付業者の選定について、筆者の体験から導き出した失敗しない業者選びのポイントについて、体験談とともにご紹介します。

フリーペーパー掲載の業者Aは見積無料ですぐ訪問!

インターネットでエアコンを購入した筆者は、まずはフリーペーパーに掲載されているエアコン取付業者Aへ連絡し見積無料で現場に来ていただきました。

早速、エアコンを新設したい位置を説明したところ、驚きの返答が……。

下の画像のように今は壁よりにエアコンが取り付けられていますが、業者Aからは白点線で囲んだ部分に取り付けることを提案されたのです!

エアコン

壁際に取り付けられないのか尋ねてみたところ「壁が近すぎると取り付けられない」とのことでした。

新築時に、この位置にエアコンを設置するためにコンセントの位置を決めていたので、本当に取り付けられないのか疑問に思い、ハウスメーカーに相談することに。

 

ハウスメーカー紹介の取付業者Bも見積無料で訪問!

ハウスメーカーに業者Aとのやりとりを説明したところ、「取り付けられないはずはないのだけど……」と首をかしげていました。

エアコン
そこで、ハウスメーカーが紹介してくださった取付業者Bに来ていただき、希望の場所には設置できないのか伺ったところ「もちろん、すぐに設置できますよ!」との回答をいただきました!

業者Bに、業者Aの返答内容とその理由についてたずねてみたところ、「家の構造を熟知していないため、取り付けられなかったときのことを考えて、あえて簡単に取り付けられそうな場所を指定されたのかもしれませんね」とのことでした。

 

業者選定のカギは、構造を熟知しているかどうか!

エアコン

筆者は今回、フリーペーパーで探した業者Aと、ハウスメーカーからの紹介である業者Bに見積をお願いしましたが、両者の違いはやはり「構造を熟知しているかどうか」というところでした。

どちらの業者も、技術は確かなものがあると思います。

そして、見積もり額に大差がなかったことから、両者とも適正価格だったのではと推測されます。

しかしながら、技術と価格に遜色なくても、業者Aにお願いしていたら、取り付け後の見た目に、ずっと納得できずに過ごしていたかもしれません。

エアコンはすぐに付け替えるものでもないので、取り付け後の見た目は重要です!

 

エアコン取付業者を選ぶ時はハウスメーカーや大家さんに相談を!

こうして2つの業者に来ていただき、無事、希望の位置にエアコンを設置できました。

今回のエアコン取付で感じたことは「プロの説明に対して、素人はそれが妥当な回答かどうかは判断できない」ということです。

エアコン

素人では判断できないところは、潔くセカンドオピニオンのように、複数の業者に来ていただいて判断した方が確実です。

しかし、それよりももっと確実なのは、家を建てたハウスメーカーや工務店に相談してみるということ。

賃貸やマンションなら、大家さんや管理人さんに相談するのも手ですね。

ハウスメーカーなどと取引のある業者なら、新築時の取付で確かな実績があるので、わざわざ複数業者へ見積もりをとらなくても、技術面では何の心配も要りません。

これからエアコンの新設、または付け替えを検討されている方は、取付業者選定についての一つの体験談として参考にされてはどうでしょうか。