【日刊Sumai】編集部・丸の取材、ときどきプライベート日記 vol.39

素敵なお宅があると聞けば北海道から九州まで、どこへでも!

フットワークの軽い『住まいの設計』編集長・丸(56)の取材こぼれ話や、男前なプライベートをチラ見せ!

作業スペースを外に設けた反転バージョン

「すわ製作所」を主宰する眞田さんのご自邸に伺いました。

いろいろと見どころ満載なのですが、詳細は7月21日発売の『住まいの設計9.10月号』で。

眞田さんのお宅は、眞田さんご夫婦にお子さん3人、眞田さんのお母様の6人家族。

キッチン
で、このキッチン。

作業スペースを囲ったL型キッチンが一般的なのですが、こちらは作業スペースを外に設けた反転バージョン。

楽勝で4人くらいが一緒に調理作業をできます。Lに囲われた部分は廊下側からの収納です。ものは考えようですね。

 

犬のための家。しかも平屋です

翌日は、服部信康建築設計事務所さんの手がけた「犬のための家」に。

広々とした平屋でたいそう気持ちのいい住宅でした。

犬3匹
3匹のブルドッグ、フレンチブルドッグものんびりマイペースで過ごしています。

実は犬にとって住みやすい家は、人にとっても住みやすい家なんですよね。

こちらも7月21日発売の『住まいの設計9.10月号』でご覧ください。

 

ちょっとコワいところがまた…

先日お邪魔したお宅にて。

ご主人が海外出張の際に蚤の市で買ってきたというシンバルモンキー。アンティークな風合いがたまりません。

シンバルモンキー
でも小学2年生のお嬢さんが「コワい」というので、ウォークスルーのシューズクロゼットにしまっているそうです。

確かにちょっとコワいかもしれませんね。