リライフプラス

男の子の子育てに似合う、インダストリアルなリノベ空間【リライフプラス】

「いつかは戸建てを新築」と思っていた愛知県日進市にお住まいのTさん一家は、エイトデザインと出合ってリノベーションでの家づくりに方針転換。

中2と小5の男の子がいるので、学区が変わらない住み慣れたエリアが希望でした。

エリアを絞って中古の戸建てとマンションを並行して探していたところ、築20年の理想的な条件のマンションを購入することに成功。

1,100万円(設計料込み)をかけて、インダストリアルなインテリアが似合う家へとリノベーションしました。

クールでハードな内装に統一

オープンキのあるッチンLDK

階下を気にせずのびのびと子育てをしたかったTさん夫妻は、はじめこそ戸建てにこだわっていましたが「マンションなら周囲に気兼ねせずに暮らせる1階角部屋を」 とリクエスト。

高台にあるので1階でも日当たりが良く、周囲からの視線も気にならないLDKは、元々あった和室をなくして開放感を持たせました。

木、スチール、レンガなどの素材や家具が、インダストリアルな雰囲気を演出しています。

パーケットフローリング

リビングはどこか懐かしく、味わいのあるパーケットフローリングを採用。

「男の子をふたり育てているうちに、ボーイッシュなインテリアが好きになりました」という妻のインテリアセンスを活かして、クールかつハードな内装に仕上がっています。

そこに合わせたちょっと無骨な雰囲気の家具がよく映えて、さりげなく配されたグリーンも効果的です。

テーブル一体型キッチン

大きな木のカウンターが印象的なキッチンはテーブル一体型のスタイル。

「壁を向いて料理をするのが嫌だった」という妻の声を反映して、キッチンは家族の顔が見えるオープンなスタイルに変更しました。

無骨な感じの工業系スツールがよくマッチしています。

オールステンレスキッチン
木のカウンターの向こう側は、飾り気がなくクールなオールステンレスキッチン。

マルゼンの業務用キッチンは機能美にあふれていて、天井のむき出しの配管、無造作に吊り下げられた照明、黒いエアコンなど、空間全体の雰囲気とも見事に調和しています。

ブリックタイル
汚れやすいキッチンの床は、黒い塩ビ製長尺シート貼りに。

ダイニングやリビングとは、床の高さや材を変えることで変化をつけています。

キッチン背面はブリックタイルがアクセントになっていて、その向こうはパントリー。

冷蔵庫も食器棚もストック食品もすべて収められています。

壁に取り付けたフックもさりげなくおしゃれな雰囲気。

 

LDKの各所に散りばめた、こだわりのスペース

アトリエスペース
リビングの一角には、スチール製パーテーションで仕切られた、趣味のDIYなどを楽しむアトリエがあります。

こちらは床を一段下げ、大量の本やマンガ、雑誌を収納する本棚を造り付けました。

棚の中の壁はシックなブルーグレーに塗装しています。

小上がり土間

アトリエからはパーテーション越しにLDKの様子がうかがえます。

上部はスチールの枠でゆるやかに仕切られており、コンパクトなスペースながら圧迫感はなく、明るさも十分伝わってきます。

土間テラス

LDKにあるエアコンの配管を利用したおしゃれなインテリアは、妻のアイデア。

「枝は子どもたちに拾ってきてもらいました」とのことで、センスの良さが光っています。

そんな妻の要望によりLDKの一角に設けられたのは、 南と西の両方のバルコニーに出られる土間テラス。

洗濯物の出し入れに便利な物干しバーも設けました。サンダルが雨に濡れる心配がなく、グリーンのお手入れにも便利とのこと。

ウォークインクローゼット

そして、夫妻の寝室はキッチンの背後に設けました。

キッチンをLDKのセンターに配置したことでやや奥まった部屋に。

収納力の高いウォークインクロゼットを設けて室内をスッキリ保てるようにし、コンパクトながら落ち着ける空間を演出しました。

 

玄関と水まわりは既存を利用をし、インダストリアルな空間に

玄関

ガラス入りリビング扉から光が降り注ぐ明るい廊下沿いに、水まわりは集約されています。

手前側の両サイドの個室が兄弟それぞれの子ども室で、どちらもカーペットだった床をフロアタイルに替えるなど、仕上げをやり直してリフレッシュしました。

シンプルな下駄箱は、既存のものを黒く塗装して再利用。

Tさんの家らしいインダストリアルな雰囲気を感じる玄関に生まれ変わりました。

黒い床のトイレ

トイレは白い壁と黒い床のコントラストが印象的です。

位置は以前と変わっていませんが、内装と便座を新しくして、洗練された空間へと一新。

小物までモノトーンでまとめ、すっきり整えています。

サブウェイタイル

そしてトイレの向かいにある洗面室に入ると、妻がどうしても使いたかったという白いサブウェイタイルに囲まれた空間が。

「目地を黒にしたので、汚れが目立たないのも気に入っています」と妻。

壁に取り付けられたクラシックなデザインの水栓や、鏡に映るフック、鏡の両サイド取り付けられた存在感のあるガラスのウォールランプまで、ひとつひとつこだわって選びました。

どの空間にも妻のインテリアセンスが光るTさん一家のインダストリアルで無骨な家。

「以前はふたり一緒だった子ども室も、それぞれの個室を確保できました。クールでハードな内装に、インダストリアル系の照明や家具が映え、とても気に入っています!」(妻)と大満足の様子でした。

もっと詳しく見たい方は、ぜひ「リライフプラスvol.17」も参考にしてみてくださいね。

設計・施工 エイトデザイン

撮影 山田耕司