段ボールと100均アイテムでできる!「持ち手付き収納ボックス」をDIY

段ボールを使って、普段使いにぴったりな「持ち手付き収納ボックス」をDIYします。

ものをがっつりと入れることができる段ボールは、収納ボックスとして十分使える便利アイテムですが、ネックとなるのはその「デザイン性」。

これをおしゃれなパッチワークウッド風のデザインにすることによって、インテリアライクな収納ボックスを作ってみようと思います。

段ボールを使っておしゃれな収納ボックスを作ろう!

今回作る収納ボックスのポイントとなるのは「パッチワークウッド風デザイン」と「持ち手」。

元が段ボールだったとは思えない高いデザイン性と、移動に便利な持ち手を付けた実用性の高さが特徴です。

しっかりとした木製の持ち手が付いているので、ボックスの移動もラクラク!

本来の段ボールにはない利便性をプラスしました。

 

準備するもの

  • 段ボール
  • 100均の「工作材料(板材)」 ※8個セットで100円
  • インテリア用マスキングテープ
  • カッター
  • 電動ドライバー
  • ネジ6本

 

2ステップでできる!DIYスタート

難しい木材カットは一切なし! わずか2ステップで作れます。

ステップ1.パッチワークウッド風のデザインを施す

フタを切り取った段ボールにインテリア用マスキングテープを貼ります。

マスキングテープを長めにカットし、段ボールの内側から外側に向かって折り返すように貼り付けます。

これを段ボールの側面全体に施工します。

 

使ったマスキングテープがこちら。

俗に言う養生用のマスキングテープとは異なり、壁や家具にも貼って使える壁紙のようなものが「インテリア用マスキングテープ」です。

古材のようなリアルなデザインのインテリア用マスキングテープは、マスキングテープの特徴である「貼って剥がす」ことができるので、貼り合わせに失敗しても何度でもやり直すことができます。

 

ステップ2.持ち手を取り付ける

工作材料(板材)を好みの塗料で塗り、段ボールの持ち手となる部分にネジで取り付けます。

工作材料を箱の内側と外側から挟むように固定し、内側からしっかりとネジ止めします。

これが持ち手になります。

反対側の側面にも同様に持ち手を付けます。

 

あっという間に収納ボックスが完成しました!

まるで本物の古材で作られたかのような、パッチワークウッド風のデザインがとってもおしゃれです。

 

実用性抜群!収納アレンジを楽しんでみよう

散らかったものをザバッと入れるラフな収納にオススメ。

インテリア性の高い収納ボックスなら、お片付けも楽しくなります。

 

持ち手に手を掛ければひょいと簡単に持ち上げることができます。

段ボールに穴を開けた持ち手では周囲が破れてしまいがちですが、木製の持ち手であれば強度も抜群!

移動もラクラクです。

 

クロゼット下の衣装ケース使いにも便利。

凸型の持ち手なので、スムーズに引き出すことができます。

 

おもちゃ入れとして使ってみるのもGOOD!

中に入れるだけなので、子どもが嫌がることなくお片付けしてくれます。

ボックス自体が軽いので、子どもの力でも持ち運べるところもいいですね。

 

いかがでしたか?

元が段ボールだったとは思えないおしゃれで便利な収納ボックスを、こんなに簡単に作ることができるんです。

お金をかけず、アイデア次第で様々なものを作ることができるのも100均DIYならではの魅力。

皆さんも、ぜひチャレンジしてみてください!