犬にとってフローリング、キッチンは危険!室内で安全に飼う対策3つ

犬にとって室内は、必ずしも安全な場所ではありません。

何も対策をしないでいると、大切な愛犬が思わぬケガを負う可能性もあります。

愛犬が元気に室内で暮らせるように、安全対策を始めましょう!

今回は、フローリングやキッチン、電気コードの3つに絞り、その対策をご紹介します。

1.滑り止め剤などで対策を!「フローリングの床」は犬の足腰への負担が大きい

フローリングと犬

みなさんのお宅の廊下やリビングの床、フローリング素材ではありませんか?

フローリングの床は掃除がしやすいので、愛犬が粗相をしてしまった時などにサッと拭き取れるのが、良いですよね。

しかし、フローリングの床は良い面ばかりではなく、マイナス面も……。

それは、“滑りやすい”ということです。

愛犬がフローリングを走っていて、勢い余って床を滑っている姿を見たことはありませんか?

微笑ましい姿に思うかもしれませんが、フローリングの床を滑ることにより、犬の足腰には大きな負担が掛かっているのです。

フローリングの床で生活することにより、犬は股関節や膝蓋骨脱臼など、関節系の疾患になりやすいといわれています。
また、老齢犬や既に足腰に疾患がある犬の場合は、症状を悪化させる恐れもあります。

フローリング床の滑りを軽減するには、以下の3つの方法がオススメです。

  • 滑り止め剤を塗る
  • カーペットを敷く
  • コルクマットを敷く

“滑り止め剤”には、様々な種類があります。効果や持続性の他、塗りやすさなどを比較検討して、決めるのが良いでしょう。

“カーペット”については、毛足が切りっぱなしのものがいいです。

毛足がループ状になっていると犬が爪を引っ掛けてケガをする可能性があるので、カーペット選びには十分に注意しましょう。

最後に“コルクマット”ですが、粗相した際にその箇所だけ取り外して洗える、はめ込み式のものが使いやすくて便利です。

 

2.キッチンは最も危険!「入室不可の部屋」には柵を

室内で犬と暮らしていても、「愛犬に入ってほしくない部屋がある」という飼い主さんは多いと思います。

特にキッチンは、包丁や火などを使用するため、犬にとって最も危険な部屋です。

柵と犬

また、犬が食べてはいけない食材”が置いてある可能性もあるので、要注意です。

この他にも、愛犬に入室されては困る部屋がある場合は、常に扉を閉めておくか、入り口に柵を設けるのが良いでしょう。

部屋以外に柵の取り付けをオススメしたいのが、玄関です。

玄関と犬

kazu2011 / PIXTA(ピクスタ)

玄関からの飛び出し対策をしていないと、開いている扉から外に出て行ってしまうことも……。

愛犬を迷子や事故に遭わせないためにも、玄関の飛び出し防止対策をおすすめします。

 

3.噛みグセがある犬には「電気コード」にカバーを付けて感電予防

みなさんの愛犬が普段過ごしている部屋には、何かしらの電化製品があると思います。

犬の中には、電気コードの噛みぐせがあるコがいるのをご存知でしょうか。

電気コード

smile / PIXTA(ピクスタ)

犬が通電している電気コードを噛んでいる時にコードが破損すると、感電の危険性があります。

犬の噛みぐせは、トレーニングでの対処が可能です。

噛む犬

kaoling / PIXTA(ピクスタ)

トレーニング法がわからない場合は、トレーナーさんに相談してみてください。

また、“犬の噛みぐせ予防グッズ”や、“犬用の噛むおもちゃ”なども販売されているので、使用するのも良いと思います。

普段は噛みぐせがない犬であっても、万が一のことも考えられます。

そこでオススメしたいのが、電気コードのケーブルカバーやケーブルチューブです。

ケーブルチューブ

ケーブルチューブ

ケーブルカバーやケーブルチューブは、100円ショップで購入することができるので、活用してみてはいかがでしょうか。

こうして改めて確認すると、室内にも危険が多いことに気づくはずです。

室内で飼う犬

飼い主さんは室内飼育だからといって安心することなく、さまざまな危険から愛犬を守る工夫を行いましょう。