排水溝の掃除ギライを克服!その3つの方法とは?

きっと好きな人はいない、排水溝の掃除。

浴室、キッチン、洗面台は毎日使うので汚れやすいし、なんとなく負のオーラが漂ってる気がするんですよね。

「こまめに掃除しなきゃと分かってるけど、ついつい後回しにしてしまう」

そんな方に、思わず掃除したくなる3つの方法をお教えしたいと思います。

自称掃除嫌いの私も、これで克服しましたよ。

1・ステンレス製のゴミ受けにする

まず、排水溝のごみ受けが複雑な形だったり、繊細な素材だったりしませんか?

複雑な形はそれだけ掃除のハードルを上げてしまいます。

排水溝

また、プラスチックは傷つきやすいので注意が必要です。しかも、カビは傷に発生します。

もしかしたら、掃除の際に傷つけてカビの原因を作っているかも……。

そこで、まず見直したのが、形や素材。シンプルな形の方が掃除しやすいですよね。

さらに、プラスチック製よりステンレスの方が圧倒的に手入れがしやすく、傷もつきにくいです。

プラスチックは汚れがちゃんと取れてるかの“正解”がわかりにくいですが、ステンレスは磨けば光ってくれるのでわかりやすいですよね。

我が家はキッチン、浴室、洗面台、すべてステンレス製に替えて、掃除がグーンとラクになりました。

今は市販のごみ受けがたくさんあります。ぜひ合うサイズのものを探してみてください。

 

2・カバーはつけない

排水溝

「見えない=わからない」。

そうすると、次に開けるのが恐怖になるんですよね。

それなら、いっそのことオープンにしてみてはいかがでしょうか?

ゴミが見えると確実に捨てたくなります。これで、こまめにゴミが捨てられるようになりますよ。

嬉しいことにカバーの掃除もしなくていいし、メリットしかないことに気づくはずです。

 

3・すぐに掃除できる状況にしておく

掃除用ブラシ

お風呂では、掃除用のブラシがすぐ取れるようにしておくと“ついで掃除”が簡単になります。

特にトリートメント中の数分間の掃除なら苦になりませんよ。

キッチンや洗面所でも同様に置いておくと思い立った時にすぐ掃除できます。

ゴミ箱

さらに、ゴミ箱の位置も重要ポイントです。

ゴミ箱が遠いと「あとで捨てよう」と思いがちですが、残念ながら高確率で忘れてしまうんですよね……。

ゴミ箱は浴室の出入り口に置いて、思い立った時にすぐ捨てられるようにしておくのが一番です!

 

排水溝

いかがでしたか?

この3つを試せばきっと掃除がしやすくなるはず!

私もこれで克服しました。

全部が難しいなら、まずカバーを外すだけでも違います。

ぜひ試してみてくださいね。