知らないとソン!イケア「HOPPVALS(ホップヴァルス)断熱ブラインド」の仕様変更点3つ

「断熱は窓を重視」というのが、ここ数年で常識となりつつあります。

これから暑くなる夏の時期は特に大事になってきます。

今回はイケアの人気断熱ブラインド「HOPPVALS (ホップヴァルス)」の新型と旧型の変更点と利点について紹介します。

「HOPPVALS (ホップヴァルス)」が微妙にカスタマイズされていた!

以前もご紹介したイケアの断熱ブラインドHOPPVALS (ホップヴァルス)ですが、我が家で取り付けた長いサイズのものは廃番になっていました。

ホップヴァルス

しかし、うちの大型犬は、そんな事情などおかまいなしに顔を突っ込みます……。

ホップヴァルス

1本は上げ下ろし機能に不具合が出て困っていたところ、昨年から同じサイズが再び販売されているのを見つけて、すぐに2本購入しました。

ホップヴァルス

すると、以前のものと仕様が変更してる点があったんです。

その3つをご紹介いたします。

 

1・ 壁に取り付ける上の部分が大きくなっていた

こちらが壁に取り付ける上の部分。左が旧型、右が新型です。

ホップヴァルス

ホコリが付いているのが旧型ですね

新型の方が大きくなっていますよね。

より丈夫にするため大きくしたのかな?と、取り付ける時点では気にしていませんでしたが、いざ降ろしてみると結果的にブラインド面全体が、前よりも数センチ壁から離れることに。

狭い部屋や窓の用途によっては、マイナスになってしまうかもしれないと思いました。

 

2・同じホワイトでも異なる色合い

旧型は真っ白でしたが、新型はごく淡いオフホワイトです。

日本の住宅に馴染みやすいよう配慮したのでしょうか?

でも我が家のように旧型もごく近くに配置されていると、新旧の色違いがはっきり分かってしまいます。

壊れていない方も結局、取り替えることに。

ま、汚れてもいたので諦めがつきましたが、個人的には旧型の真っ白の方が好みだったので、ちょっぴり残念でした。

 

3・指をかけるリング部分は細くなった

指をかけるリング部分、タイプと形状が大きく違います。

ホップヴァルス

手前の旧型は前に突き出て固定ですが、新型はぶら下がって揺れるタイプ。

ホップヴァルス

しっかりつかめる旧型に慣れてしまっていると、固定されていない新型に指がうまく入らない事が多く、ここだけは旧型に付け替えようと試みるも……、

今度は、それをはめる下端部分が数ミリ細く、旧型とはサイズが合わないので交換は諦めです。

早く慣れたいと思っています。

 

基本的な利点はそのまま!HOPPVALS(ホップヴァルス)の魅力とは?

以上、仕様変更点をまとめてみましたが、このブラインドHOPPVALS(ホップヴァルス)の良さは変わらずです。

こちらが良いポイントです。

  • 軽くスムーズな操作性
  • 断熱層をつくるハニカム構造

ホップヴァルス

  • 強い日差しを柔らかく遮ってくれる
  • 和洋どんなインテリアにも馴染みやすい
  • 手頃な価格

イケア

これから本格的な夏、暑い空気は窓から最も侵入するといわれています。

気になる方は、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね!