おもしろ外観の家シリーズ 「知りたい!どうしてそうなった?」

家には住人の個性が表れるものです。

住む人が違えば、家の形も千差万別。

「どうしてそうなったの?」と知りたくなる不思議な形の家や、思わずくすっと笑ってしまうユーモラスな家など、実にさまざま。

日刊Sumaiの過去記事から、おもしろ外観の家を4つまとめてご紹介します!

完成まで10年かかった格子デザインの意味とは?

格子デザイン

目に飛びこんでくるのは、美しい木組みの格子。

この建物は寺院? ホテル? 美術館?とたくさんのクエスチョンが頭の中に浮かびますが、実はこちら、一般家庭の二世帯住宅なんです。

完成までにかかった時間は、なんと10年!

格子デザイン

このデザイン、こだわりを追求した結果かと思いきや、意外な理由が隠されていました。

家を囲む、格子の意味とは一体?

 

まるで現代アート!屋根の上の小さな家の役割家の上に、さらに小さな家が!

家の上に、さらに小さな家が!

小さな家

一度見ると目に焼き付いて離れない、まるで現代アートのような外観の家。

屋根の上に並ぶ“小さな家”は、“大きな家”の中に光を取り込むための仕掛けなのだとか。

天窓だと、直射日光の強い日差しが入ってきてしまいます。

そこで、天窓の替わりに“小さな家”を使うことを思いついたと言います。

小さな家

“小さな家”の壁に光が反射して、“大きな家”の室内には柔らかな日差しが注がれます。

外からの視界も上手に遮ることができて、心地よさは抜群だそうですよ。

 

カーブが美しい円筒形の家

円筒形の家

上から見ると、ホールケーキのように丸い!なんとも珍しい円筒形の家です。

建物の周りは芝生が植えられ、やさしい雰囲気。

敷地の余白部分は、車やバイクの駐車スペース、ドッグラン、花を育てる庭など、自由に活用することができます。

円筒形の家

室内の廊下は、緩やかなカーブがかかっており、独特の雰囲気です。

曲線や丸などは、視覚的なリラックス効果があり、心穏やかに暮らせそうですね。

 

小さな家の集合体が一軒家!

集合体の家

コテージ? 旅館?と疑問がわきますが、実は、これらすべての建物をひっくるめて、一軒の住宅となります。

いくつもの小さな部屋が、中庭を中心に円を描くようにつながる、不思議な形状。

「毎日ワクワクできて、子どもたちが楽しく元気に成長できる家にしたかった」と施主が語るように、子どもたちが大喜びしそうな家です。

集合体の家

中庭は外から見えないので、視線を気にせずのびのび過ごせます。

サッカーをしたり、BBQをしたりと、家族が集う第2のリビングとしても機能しています。

一体、一つの家の中がどうなっているのか、見てみましょう。

その他のおもしろ外観の家シリーズはこちらからチェック!