第1位は7年連続で千葉県印西市!全国「住みよさランキング」トップ3発表

日本全国の都市の中で、住みやすさが1位の街はどこなのでしょうか。

株式会社東洋経済新報社が、第25回「住みよさランキング」を発表!

「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つの視点から、16の統計指標を用いて偏差値を算出しています。

気になるトップ3をご紹介いたします。

第3位は宮城県名取市!

まずは第3位から。

総合ランキングで第3位に輝いたのは、宮城県名取市でした。

昨年度は11位でしたが、一気に8つランクアップ。

名取市は、仙台市の南東部に隣接する人口78,300人の都市です。

東日本大震災の影響で、一時はランクが停滞した時期もありましたが、昔から一貫して人気の地域です。

東北の玄関口・仙台国際空港を有し、東北新幹線や東北本線もあって、アクセスに便利。

仙台空港

にこにこ / PIXTA(ピクスタ)

部門別では「快適度」が4位、「利便度」が16位であるほか、「安心度」も84位と上位に位置しています。

 

第2位は愛知県の日本一”若い”街、長久手市!

第2位は、愛知県長久手市でした。

昨年度は3位で、1つ順位を上げる結果となりました。

長久手市は、名古屋市に隣接する人口57,700人の住宅都市です。

ベッドタウンとして発展し、市民の平均年齢は38.6歳(2015年国勢調査)と、全市町村で最も“若い”街として知られています。

住民は子育て世代が中心で、子どもの数が多く、活気いっぱい。

最近では、大型ショッピングモールもできて、生活の利便性がどんどん向上しています。

長久手市

ryuukikou / PIXTA(ピクスタ)

部門別では「利便度」が6位、「快適度」が7位、「安心度」が19位、「富裕度」が36位という結果でした。

 

気になる第1位は7年連続トップのあの街!

栄えある第1位は、千葉県印西市でした!

なんと2012年から7年連続のトップというから驚きです。

印西市は千葉県北西部、東京都心まで約40㎞の位置にあります。

首都圏のベッドタウンとして、千葉ニュータウンの中核地区にあり、今年ついに人口10万人を突破。

大型ショッピングモールなど買い物が楽しめる商業ゾーンに加えて、すぐ近くに里山や森、公園など、自然豊かな環境があり、レジャーも充実しています。

千葉ニュータウン

northsan / PIXTA(ピクスタ)

「快適度」は3位、「利便度」は10位で、暮らしに対する満足度の高さがうかがえます。

 

番外編!「安心度」「富裕度」が1位の街はどこ?

部門別のTOP3はどんな街なのでしょうか。

都市部以外にも、東北や九州の街もランクインしていますよ。

【安心度】
1位 合志市(熊本)(前年12位)
2位 野々市市(石川)(同11位)
3位 豊見城市(沖縄)(同43位)

竹迫城跡

合志市  東奔西走 / PIXTA(ピクスタ)

 

【利便度】
1位 武蔵野市(東京)(前年11位)
2位 野々市市(石川)(同1位)
3位 泉佐野市(大阪)(同7位)

武蔵野市

武蔵野市  gandhi / PIXTA(ピクスタ)

 

【快適度】
1位 東松島市(宮城)(前年1位)
2位 福津市(福岡)(同3位)
3位 印西市(千葉)

東松島市

東松島市  Blue flash / PIXTA(ピクスタ)

 

【富裕度】
1位 武蔵野市(東京)
2位 浦安市(千葉)
3位 みよし市(愛知)
(※「課税対象所得」のみで偏差値化した場合、千代田区、中央区、港区など東京23区が上位を占めます。)

武蔵野市

武蔵野市  しんた / PIXTA(ピクスタ)

 

 

【住居水準充実度】
1位 氷見市(富山)
2位 珠洲市(石川)
3位 尾花沢市(山形)
(※住宅関連の指標のデータ更新がないため、前年と同じ順位)

氷見市

氷見市  文平 / PIXTA(ピクスタ)

 

いかがでしたか。

あなたの住んでいる街、気になる街は、ランクインしていましたか?

引っ越しや、子育てなど、家族の暮らしに合わせて、住みたい街も変わるかもしれません。

ぜひ今後の暮らしの参考にお役立てください!

 

【参考】

※ 第25回全都市「住みよさランキング」(2018年)の結果