窓周りをオシャレに明るく!おすすめウィンドートリートメント

ウィンドートリートメントとは、カーテンやブラインドなど窓に取り付ける装飾のことを指します。

室内に入る光を調節したり、窓からの視線を遮ったりといった機能面はもちろんのこと、部屋をオシャレに見せるためのインテリアそのものにもなります。

ウィンドートリートメントの知識は、部屋づくりに欠かせません。

今回は「ウィンドートリートメント」の種類や特徴が分かるお役立ち記事を3つまとめてご紹介します!

6種類のウィンドートリートメントの違いって?

ウィンドートリートメント

窓に取り付けるものと言えば、まずカーテンが思い浮かびます。

しかし、そのほかにもたくさんの種類のウィンドートリートメントがあります。

こちらの記事では、以下の6つのウィンドートリートメントをご紹介しています。

  • バーチカルブラインド
  • ロールスクリーン
  • 調光ロールスクリーン
  • プリーツスクリーン
  • ウッドブラインド
  • バンブーブラインド

例えば「プリーツスクリーン」は和の雰囲気を作るのにぴったりですし、「ウッドブラインド」や「バンブーブラインド」は、木の素材を感じられるスタイリッシュなデザインが持ち味です。

ウィンドートリートメント

縦型タイプ、横型タイプ、平面タイプなど、形状もさまざまで、それによって光の入り方も違ってきます。

窓にはカーテンと思い込みがちですが、ウィンドートリートメントの幅広い選択肢を知っておくと、もっとインテリアを自由に楽しむことができますよ。

 

 

「調光ロールスクリーン」採光ができて外からの視線をカット

調光ロールスクリーン

窓が道路に面していたり、隣の建物と隣接していたりすると、外からの視線が気になります。

「プライバシーを守るためにいつもカーテンを閉めている」というご家庭もあることでしょう。

しかしカーテンを閉めきると、十分な光が入らず、部屋全体の雰囲気が暗くなってしまいますよね。

そこでオススメなのが、プライバシーを保ちつつ採光を取り込める「調光ロールスクリーン」です!

こちらの記事では、ハンターダグラス社の「調光ロールスクリーン」を取り付けた体験談をお伝えしています。

調光ロールスクリーン

この製品は、ブラインドとロールスクリーンの両方の良さを兼ね備えており、家の中から外が見えても、外から中の様子は分からない構造なのだとか。

採光ができて、空間的にも広がりを感じられる「調光ロールスクリーン」。

メリットだけでなく、デメリットについても紹介していますので、ぜひ参考に!

 

 

ペットがいる家には縦型ブラインドが最高!その理由とは?

猫

猫を飼っているご家庭では、「カーテンに引っかき傷ができた」「ヨゴレが付着して変色してしまった」などのお悩みがよく聞かれます。

また、横型のブラインドを使用していると、猫が間から出入りして歪んでしまったり、挟まってケガをしてしまうおそれもあります。

縦型ブラインド

愛玩動物飼養管理士の視点から考えた猫に優しい家づくりの結果、たどりついたのは、縦型ブラインドでした。

縦型ブラインドの素材は、ポリエステルやアクリルで、傷や汚れに強いのが特徴です。また、縦だと、猫が間に入っても挟まることがありません。

猫が楽な姿勢で、隙間から簡単に窓の外を見ることができるので、猫にとっても快適なのです。

猫を飼っている方や、飼いたいと思っている方は一読の価値あり!

ペットの安心安全を守り、かつ飼い主のストレスがなくなる優秀ウィンドートリートメントの魅力について、ぜひチェックしてみてくださいね!