リライフプラス

立地最優先!100平米超のマンションでのびのび暮らす【リライフプラス】

「築年数にこだわらず、広さを優先して、子どもがのびのび暮らせる住まいにしたい」と考え、住み慣れた代々木上原エリアで物件を探していたAさん一家。

はじめは新築、中古問わずに探していましたが、リノベーションという選択肢が大きく浮上。

不動産の仲介からリノベーションの設計、施工までワンストップで依頼できるエキップの存在を知り、「子育てリノベ」を任せることに。

築44年、専有面積約100平米のマンションを5,200万円で購入し、1,500万円(設計料込み)をかけてリノベーションし、広さを十分に生かした住まいを実現させました。

可変性のある広々としたLDK

開放感あるLDK

子どもたちがのびのび暮らせるように、と考えていたAさんの「寝室は最小限でいい。とにかくリビングを広く」という要望が叶い、LDKは開放感あふれる家族の場となりました。

広さ重視のLDK

ソファはIDÉE、ダイニングテーブルはCLASKAのもので、いずれも岡嶌要さんのデザイン。

アクセントクロス

壁の差し色は妻のアイデア。リビングはやや暗めの青、キッズコーナーの一部は明るい水色に。

青に張り替えたソファやカラフルでユニークな雑貨がリビングを彩ります。

オープンキッチン

開口部が大きく、明るいLDK。キッチンに立つと、LDとキッズコーナーを見渡せます。

天井に変化をつけている板張りの部分は、梁を隠すという役目も。

ダイニングにはflame(フレイム)の照明を採用しました。

押入れをキッズルームに

子どもがまだ小さいので子ども部屋はいらないと考え、LDKに隣接していた和室をキッズスペースに。

引き戸で仕切ることもできますが、普段は開け放って空間全体を広く使っています。

そしてキッズスペースには「秘密基地」が。

物件を見にきたとき、長男が押入れの中で遊んでいたことをヒントに、エキップ代表の伊達さんが発想したのだそう。

ハシゴで登キッズルーム

ハシゴや黒板などの楽しい仕掛けもあり、まさに「秘密基地」のような空間に。

 

リビングの広さを優先させ、寝室は最小限に

広さを抑えた寝室

既存の間取りはLDKを中心に、左右に洋室と和室が振り分けられていました。

その構成は基本的には変えないまま、洋室にあった壁面収納を取り払って床面積を広げ、 内装を新しくして寝室に。

寝室

現在はベッドを2台並べ、家族4人で使っています。

以前の間取りだと、寝室とLDKはドアで仕切られていましたが、なるべく空間を広く使えるように引き戸へと変更。

ウォークインクローゼット
そして既存のクローゼットは内装を一新。

棚やパイプハンガーを活用することで使い勝手を改善することができました。

 

かつて暮らしたメキシコを感じる、鮮やかなタイル使い

玄関
玄関を入るとまず目に飛び込んでくるのは、扉に色鮮やかなタイルを埋め込んだ大容量の壁面収納。

その収納に沿って左に曲がると、LDKにつながる鮮やかな青いリビングドアがあります。

ベネチアンモザイクタイル

Aさん夫妻は、長男が誕生する前、メキシコに駐在していことがあり「新しい住まいのどこかにメキシカンタイルを使いたい」という想いがありました。

そこで、タラベラ焼きのタイルをアメリカのサイトから購入し、伊達さんが玄関収納の扉にうまく生かしてくれました。

また、背が低かった玄関の靴収納は、上に伸ばすことで収納力をアップさせています。

ベネチアンモザイクタイルのトイレ

水回りの位置も基本的にはそのまま。

玄関脇にあるトイレは、細いカウンターを1枚取り付けただけのシンプルなつくりです。

床はトーヨーキッチンリビングのベネチアンモザイクタイルで、ウロコのような美しい光沢を放っています。

ゆとりあるバスルーム

浴室は少しだけ拡張させ、子どもたちと一緒でもゆったり入れるユニットバスにサイズアップ。

洗面室は、広いカウンターを造作し、システムミラーボックスを取り付けることで使いやすくなりました。

商社勤務のAさんは、近い将来、海外駐在の可能性が高いとのこと。

「その間は賃貸に出して、帰ってきたらまたリノベーションすればいいかな」と考え、将来の変化を見据えつつも、家族の「今」を存分に楽しんでるようです。

もっと詳しく見たい方は、ぜひ「リライフプラスvol.17」も参考にしてみてくださいね。

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです

設計・施工 エキップ

撮影 山田耕司