こだわりのダイニングテーブルDIY

こだわりの詰まった「ダイニングテーブル」をDIYしてみた・後編

引っ越しを機に、探し求めるダイニングテーブルをDIYすることに決めた筆者。

前編に引き続き、後編では、ワックスがけや組み立て、完成後の使い勝手をご紹介いたします。

オリジナルのDIYテクもお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

ワックスがけ&ニス塗り

前編では「カットしてもらった材料が希望の寸法かの確認」「やすりがけ」の2つの下準備をすることまでご紹介しました。

下準備が終わったら、断面と表面をやすりがけした木材にワックスを塗っていきます。

ワックス

使用するのは、アンティークワックス(ウォルナット)Tシャツなどの端切れタワシ軍手です。

まず、軍手をして少量のワックスを端切れに取りつつ、木材に練り込んでいくようにして塗っていきます。

1回で濃い色を出そうとせずに、塗ったら3時間程置いて乾かし、2~3回に分けて自分の好みの色合いになるまで練り込んでいきます。

ワックスがけ

ここでワックスがけのコツをご紹介します。

2回目以降に塗る際に使用するのがタワシです。1回目と同様に端切れでワックスを練り込み、その後すぐに表面を木目に沿ってタワシでこすります。

その後、別のきれいな端切れで表面の余ったワックスを拭き取ります。

こうすることによって、単純に重ね塗りするよりも色に深みが生まれツヤが出てきます。

 

ワックスが乾いた後、油性つや出しニスを刷毛に取って塗っていきます。

もしあれば、うすめ液を使用した方がニスの粘性が緩やかになり、扱いやすくなります。

天板に使う木材を並べて、刷毛で毛羽立たないよう木目に沿ってゆっくり一度塗りします。

今回は、作業時間を節約するためにもニス塗りは天板表面のみ行いました。

ニス塗り

 

天板、天板裏の棚、鉄脚を組み立てる

天板に使う7枚の板、天板裏の棚、鉄脚を組み立てます。

天板の接着は木工用速乾ボンドを使用しています。ボンドを線づけして板の木目の個性を見ながら並べ、接着します。

次に、天板裏の棚の部材にL字金具を内側外側の計8か所につけます。

今回ドライバーを使いましたが、ネジを入れる前に、場所の確認も兼ねてキリで穴を空けておくと、ドライバーでもスムーズにネジを入れることができます。

組み立て

天板裏に棚を設置します。

このとき、天板に接着する部分にボンドをつけることで、天板の補強も兼ねることができます。

こちらもキリで穴を空けてからネジを入れます。

組み立て

最後に、鉄脚を取り付けます。

今回はインパクトを使用しましたが、一部届きにくい部分はドライバーで作業しました。

組み立て

 

完成!天板裏に取り付けた棚の使い勝手がいい

ダイニングテーブル
完成したダイニングテーブルがこちらです!

一度塗りでは出ない深みとツヤが出ていてお気に入りです。

また、サイズも既成品にはない丁度良さで、部屋のスケールにぴったりのダイニングテーブルになりました。

ダイニングテーブル

天板裏に取り付けた棚がこちらです。

今回7枚の板材で天板を作るにあたり、補強も兼ねて棚を設置した点がポイントです。

ダイニングテーブル

ティッシュ箱やランチョンマット、よく使用するノートパソコンを収納しています。

ダイニングテーブル

いかがでしたか?

ダイニングテーブルというと大きな家具ということでDIYに抵抗がある方もいるかもしれませんが、今回は脚を既成品にすることで強度を確保し、使い勝手とデザインの良い天板を作ることに専念できました。

皆さんもぜひ、愛着の湧く、世界で一つだけのオリジナルダイニングテーブルを作ってみてくださいね。