3階建てが建てられないケースも!? 「斜線制限」正しく理解してる?

住宅街を歩いていると、なんとなく2階建ての家が多いエリアだな、ここは3階建てが並んでいるな、と感じることはありませんか?

また上の階の一部が斜めに切り取られたような形をしている家を見たことがある方もいるかもしれません。

これは、建築基準法に基づいた高さの制限によるものです。

いくらでも高い家を沢山建ててしまうと、日当たりや景観の問題が生じてしまいますよね。

そこで、建物の高さを調整して、周辺の環境とのバランスをとるための制限が用途地域ごとに設けられているのです。

今回は、第1種・2種低層住居専用地域に建つ2階建ての家を例に、4つの制限について解説していきます。

家を持つときに目が向きがちなのは土地面積や立地かもしれませんが、この制限によって希望の階数の家が建たなくなる可能性もあります。

きちんと確認して後悔のない土地探しをしてくださいね。

1.絶対高さ制限

用途地域の第1種・2種低層住居専用地域では、絶対高さ制限によって建物の高さを10mまたは12m以下にしなくてはなりません。

建物の高さとは、地面から家の一番高いところまでの垂直長さです。地方自治体が高度地区指定をしている場合は、そちらが優先されます。斜線規制

2.道路斜線制限

道路斜線制限とは、道路上空間の開放感を保つための規定です。

敷地に対する前面道路の反対側の境界線から、住居系用途地域であれば1:1.25、その他は1:1.5の角度でできる斜線を、建物と敷地の間の後退距離と同じだけ道路境界から下がった位置から伸ばした線が、道路斜線です。

その斜線がかからないように、内側に家を収めなければなりません。

イラストでは、前面道路が1つの設定ですが、例えば角地などで2つの道路に面している場合はそれぞれの面で道路斜線を考えなければなりません。斜線規制

3.隣地斜線制限

隣地境界線から垂直に20mの線を引き、そこから1:1.25の角度でできる斜線が隣地斜線です。

この斜線の内側に家を収めなければなりませんが、この制限は隣地境界線から垂直に20m引いた線から角度が発生するため、20m以下の住宅には影響がありません。斜線規制

4.北側斜線制限

北側斜線制限とは、日照・通風のため適用されている制限です。

北側の隣地境界線から垂直に5mまたは10mの線を引き、1:1.25の角度でできる斜線が北側斜線です。この斜線の内側に家を収める必要があります。

イラストでは、左側が真北の設定ですが、例えば家の形状に対し北方向が垂直ではない場合は、北方向に斜めに面している2面について制限がかかります。

 

仕組みを把握して理想の家づくりにつなげよう!

住宅

ABC / PIXTA(ピクスタ)

いかがでしたか。

今回は、第1種・2種低層住居専用地域に建つ2階建ての家を取り上げましたが、例えば3階建ての家を検討しているとき、北側斜線制限によって、3階部分が大きく削れてしまい、構造上3階部分は成立しないということもあります。

また、道路斜線制限では前面道路が狭いと受ける影響が大きくなりますが、道路側をバルコニーにすることで斜線を回避するなどのテクニックもあります。

地域によって、規制の数字は異なりますが、仕組みをしっかり理解しておくことで、家づくりの担当者とも密度の濃い議論ができることでしょう。

今後も、家づくりに役立つ豆知識を発信していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。