徒然草の時代からマスト?断熱と風通しで猛暑に強い家に!

テレビをつければ暑さのニュースばかりという状況がしばらく続いており、先日ついに埼玉県の熊谷では41.1度の観測史上最高気温が記録されたようです。

鎌倉時代に書かれた「徒然草」にも夏の暑さについて書かれていますが、建築技術の進歩によって最近の住宅ではたとえ猛暑日であっても比較的楽に乗り切ることが可能になっています。

夏に強い家を選ぶために知っておくべきは「断熱」と「風通し」です。

日本の家づくりに影響した徒然草の一節

「家の造りやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑きころわろき住居はたへがたきことなり。」

これは鎌倉時代末期に吉田兼好によって書かれた「徒然草」第55段の一節で、日本の家づくりに長く影響を及ぼしたとされています。

「家の造りは夏本位にせよ。冬はどんな所でも住める。暑い時に住み心地の悪い住居は耐え難い。」という意味になりますが、夏の暑さは大昔から日本人を悩ませていたようです。

日本の家づくりは昔から高温多湿な夏をどう乗り切るかというところに重点が置かれてきました。

日本家屋

bwinds / PIXTA(ピクスタ)

太陽熱を直接室内に入れない工夫として「よしず」や「すだれ」などの道具が利用され、また風通しを確保するためにありとあらゆる工夫がなされています。

すだれ

mimi / PIXTA(ピクスタ)

一方で暖房に関しては日本独自の工夫というのは特になかったようで、服を着込んでただ我慢してきただけのようです(耐えがたいくらい寒い朝、茶の支度をして家臣と狭い茶室に入り、それによって部屋を暖房しようとした家康の姿が、司馬遼太郎著の「関ケ原」の中で描かれています)。

 

暑さ対策に最も効果的だった「断熱」

建築技術は日々向上していますが、暑さ寒さに対するものとして最も効果的だったのが「断熱」です。

「団地の最上階は暑くて住めたものじゃない」というのが昔の常識でしたが、断熱というものが普及した現在ではこういったことはありえなくなりました。

断熱材とは?

気温が高くなれば室内はどうしても暑くなります。

室内の温度は熱伝導や放射によって外部の熱が移動してくることによって変動しますが、この熱移動を防ぐための素材が断熱材です。

断熱材

YNS / PIXTA(ピクスタ)

熱の伝わりやすさは物質によって異なり、固体>液体>気体の順とされています。

内部に空気をたくさん含んだ物質ほど熱を伝えにくいため、断熱材には空気をできるだけ多く取り込むために様々な工夫がなされています。

高性能品のなかには、空気よりも断熱性能の高いガスを閉じ込め、高い断熱性能を実現しているものもあります。

 

内断熱

断熱材を建物の内部に設置するのが内断熱です。

内断熱

Photonn / PIXTA(ピクスタ)

マンションに代表される鉄筋コンクリート造の建物では、躯体の内側に発砲ウレタンなどを吹付け、木造住宅ではグラスウールなどの断熱材を柱や筋交いの間などに詰め込んでいますが、施工が容易であるため工事費が安くなるというメリットがあります。

マンションの場合はバルコニーの付け根部分には断熱材を吹き付けることはできず、木造住宅では柱や筋交いそのもの”には断熱処理をしないということになり、この点がデメリットとされています。

 

外断熱

文字通り建物の外側をすっぽりと断熱材で覆ってしまう工法が外断熱で、建物を覆った断熱材の外側に外壁を取り付けています。

外断熱

ABC / PIXTA(ピクスタ)

建物全体を断熱材で包むため気密性が高くなって断熱効率が高くなるとされ、また断熱材によってコンクリートや柱などの構造体が保護されて傷みにくくなるというメリットもあります。

しかし、工事費はかなり割高になります。

 

外断熱にもデメリットがある

一般的に新しい技術である外断熱の方が注目を浴びやすく、外断熱を売りにした住宅会社の中には「内断熱は断熱じゃない」と全否定しているところもあるといいます。

しかし外断熱は断熱材を建物の外部に設置するため、内断熱にはないデメリットがあります。

外断熱では躯体の外側に断熱材を設置するため、断熱材を覆う外壁を設置しなければなりません。

外断熱

mits / PIXTA(ピクスタ)

外壁は断熱材のようなやわらかいものでは保持できないため、断熱材を貫通して構造躯体にとめるしかありませんが、歳月の経過により断熱材がやせてくると外壁が断熱材から剥離してしまい、ビスで宙吊りされたような状態になります。

この状況下で大地震が発生した場合、強度の点で問題になります。

 

やはり「風通し」が最良の対策!

暑がりの筆者は夏の暑さに対する最良の対策としては風通しの確保ではないかと思っています。

マンションの場所別の風通しの方法をご紹介します。

角部屋

マンション
マンションの場合、バルコニーの反対側の部屋は外廊下に直接面しているという部屋が大半です。

窓のすぐ外を人が通るため、どうしても思い切り窓を開けづらいものですが、三方向に窓がある角部屋はこの点でやはり有利です。

マンション
またL字型マンションの場合、2方向の付け根となっている部分には地震対策でそれなりの広さの空間が設けられています。

そのため、ここに面した部屋の場合は空間部分にも窓が設けられ、事実上の角部屋となっています。

窓と外廊下の間には距離があり、また限られた人しか通らない場所であるため、このような部屋では昼間でも外を気にせず窓を開けることが可能です。

 

両面バルコニー

エレベーターが全階に停止しない「スキップタイプ」のマンションの場合、エレベーター通過階の住居は1フロア分だけ階段を利用しなければならないという不便さがありますが、その分だけ両面バルコニーにできるというメリットがあります。

マンション
この場合窓の外には廊下がないため思い切り窓を開けることが可能で、風通しが抜群に良くなって夏でも比較的快適に過ごすことができます。

 

なんだかんだ言っても、暑いのは3か月だけ!

暑さの厳しい日々が続いており、この記事を書いている横では、先にも触れた観測史上最高気温更新のニュースがずっと流されています。

しかしよく考えてみれば一年で暑さが厳しいのは6月下旬から9月上旬までの3か月だけです。

猛暑

Flatpit / PIXTA(ピクスタ)

間違いなくやってくる過ごしやすい日々を楽しみに、それまでは通風と水分摂取に気を付け、エアコンを適切に活用して乗り切っていきましょう。