リライフプラス

ルーフバルコニー付マンション、自分らしい暮らしを実現したリノベ3選

マンションのルーフバルコニーは、ガーデニングや家庭菜園、物干し場所として使われるのが一般的です。

最近では、家でアウトドア気分を楽しめるベランピングや、オープンカフェのようなテラスなど、様々なかたちで楽しむ人が増えてきています。

今回はお宅拝見!の住宅実例から、ルーフバルコニーのある暮らしをマンションリノベーションで叶えたお宅をまとめて3本ご紹介。

「室内が狭くなっても、広々としたルーフバルコニーが欲しい」、「第2のリビングとして使いたい!」そう思うのも納得の理由が続々です!

まるで庭付きの戸建てのよう!子どもがのびのび育つルーフバルコニー

山本さん邸

山本さん夫婦は、子育てのためにマンションリノベを選択。

80平米超のルーフバルコニーの開放感に惹かれて即決、築年数29年の中古マンションを購入しました。

十分な広さのあるルーフバルコニーは家族がリラックスできる場や、子どもの遊び場としてもその価値を発揮しています。

山本さん邸

LDKだけでなく、バスルームや寝室もルーフバルコニーに面しており、部屋中が光で溢れています。

ルーフバルコニーには緑がいっぱいで、マンションなのに庭付きの戸建てに住んでいるような気分。

開放感ある住まいで、のびのびと子育てを楽しめそうですね。

 

広々ルーフバルコニーのおかげで毎日がリゾート感覚!

ルーフバルコニー付きマンション ベランピング

アウトドア好きのHさん夫婦は、居室面積よりも広いルーフバルコニーを優先しました。

首都圏で庭つき一戸建ては予算的になかなか厳しい……。でも、広いルーフバルコニーのある中古マンションという選択で、野外の空間が思う存分楽しむことができるようになりました。

おかげで友人たちとBBQをしたり、朝食を食べたりと、まるでリゾートで過ごしているかのような毎日が実現。

Hさん邸

ルーフバルコニーがリビングの横にあるため、部屋の中と外の空間が一体化し、広々とした視覚効果が得られます。

限られた室内空間を有効活用するワザや、ハイセンスなインテリアにも注目です!

 

まるで公園!眺め抜群のルーフバルコニーは花火の特等席だった!

Hさん邸

ここは公園かと見間違えるくらい、広々と開放的なHさん宅のルーフバルコニー。

見晴らしのいいルーフバルコニー付き物件を手に入れて、リノベーションを完成したHさん夫婦。

実は夫はリノベーション会社の設計者という仕事柄、ごく自然にリノベ前提で中古マンションを探していて、そんななかで見つけたのが今の物件でした。

専有面積73平米に対し、ルーフバルコニーはなんと63平米!

しかも、調布市の花火大会の特等席で、夜空に花火が打ちあがる様子が見られるのだとか! 同じ花火でも、手狭なベランダから見るのとはまた違うはず。

ルーフバルコニーだからこそ叶う、贅沢な過ごし方ができそうですね。

そして、室内は壁を取りはらったおかげで、どこにいてもルーフバルコニーの存在を感じ、マンションにありがちな閉塞感とは無縁になりました。

Hさん邸

風の抜けも抜群で、マンションリノベの無限の可能性を感じられたそうですよ。

 

いかがでしたか?

それぞれのライフスタイルによって、自分らしいルーフバルコニーの楽しみ方はいろいろ。

暮らしをもっと豊かに楽しむためのルーフバルコニー活用術、ぜひ参考にしてみてくださいね

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存