「夫婦の寝室」は別室と同室、どっちがいい?

夫婦の寝室は、仲が悪いから別室にするとは限りません。

別室でも仲良しのカップルはたくさんいます。

大事なことは快適な生活ができることです。

今回は、ドイツ人カップルの別室の例とスペイン人と日本人(私)カップルの同室の例を紹介します。

ドイツ人夫婦の場合:別室だけどお揃いのベッドカバー!

こちらはドイツ人夫婦の夫のお部屋。階段を本棚として使っています。

ドイツ人夫婦の寝室

こちらは妻のお部屋。同じベッドカバーですが、壁に明るい色調のカーテンを下げて明るい感じにしています。

ドイツ人夫婦の寝室

彼女の寝室には小部屋に通じる階段があります。

ドイツ人夫婦の家

これが小部屋。細長くて狭い部屋ですが、机があってちょっとした作業をするときに集中できます。

ドイツ人夫婦の家

机の上には、古いミシンと裁縫箱、そして読みかけの本。

ドイツ人夫婦の家

ここに住むドイツ人夫婦はとても仲が良く、いつも一緒です。

でも、たまには1人でいたいときがありますよね。そんなときに1人で過ごせる場所が必要です。

長く一緒にいる、とくに夫が退職して家にいる時間が長くなった場合には、1人でいられる空間作りが関係をよくしていきます。

 

日本人夫婦の場合:寝室は一緒でも自分のコーナーは確保

下手ですが、筆者夫婦の寝室の間取りを紹介します。

夫婦の寝室は屋根裏部屋にあり、真ん中に階段、そしてバスルームがあります。

間取り

壁のないオープンスペースなのですが、いきなり息子たちがやってくることが多いので、階段にフタを作るべきだったと後で気付きました。

バスルームの壁を使って夫と私のそれぞれの机を置いて自分のコーナーにしています。

写真で見ると、屋根裏というのがはっきりします。

筆者の家

屋根裏は、夏になると少々暑くなるので、子ども部屋にする人も多いようですが、やはり窓からの風景もいいので夫婦の部屋にしました。

ベッドの幅は160センチのダブルベッドで、夫婦と犬2匹が一緒に寝ます。右にある木製の扉は私のクローゼットです。

 

ベッドから見た部屋の感じ。妻(私)のコーナー。

真ん中に見える扉がバスルームの入り口。奥に見える木の扉は夫のクローゼット。

夫のコーナー。ステレオと暖炉があってちょっと不公平?

共同で執筆や翻訳をすることもあるので、壁を挟んですぐそばにいるといろいろと便利です。

ただし夫が昼寝をすると、ベッドが私のコーナーの横なので、いびきが聞こえてきます。

こちらは夫婦の居間。家族の居間とは別に確保しています。

私たちには3人子どもがいますが、基本的には子どもたちは特別なときに「招待」するというようにしています。

 

同室でも別室でも、それぞれの時間を持てる空間があればいい

寝室

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

夫婦別室と同室のそれぞれの例を紹介しました。

寝室

maruco / PIXTA(ピクスタ)

どちらが良い悪いではなく、自分のコーナーがあって、ひとりの時間も快適に過ごせることが大切かなと思います。