連載
新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます

概算見積書は出たけれど…【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

建築条件付きの家の設計にはまったく満足できないのに、土地は手に入れたいという気持ちに変わってしまい、より苦しくなってしまった鳥夫婦です。

上物はいらない、土地だけ欲しい

不良(ワル)な四ツ谷くん(※土地)に熱を上げ、大人しい新宿くん(※土地)に対しては、

「いざとなったら白紙解除すればいいしぃ」

というヤリ逃……ごほん、遊びのつもりで関わっていた鳥。

それが新宿くんと関わっているうちに、新宿くんに本気になってしまいました。

そうなると急に執着が出てきます。

「この人を手放したくない」と……。

しかし二人の恋路を、姑(R社)が阻みます。

(妄想族なため、設定がコロコロ変わっていきますが、気にしないでください)

今回のR社の設計にまったく満足できていない。あんな外観の家で暮らすなんてムリ。

じゃあ建築条件を外してもらうしかないが、これ以上土地にお金をかけられないし(すでに予算を400万超えている)、建築条件を外してくれない可能性もある。

この土地を諦めて別の土地を探すか?

でもこんな好条件の土地、もう二度と手に入らないのでは?

やはり土地を手に入れるためだけに家は妥協するか……。いや、でもあんな外観の家……。

ぐるぐるぐるぐる。

そうこう言っているうちに、どんどん建築条件の白紙解除の期限が迫ってきます。

やはりコンサルさんの言う通り、期限までは最大限検討するしかありません。

 

概算見積書は出てきたけれど…

さあ、とりあえず見積書の件です。

コンサルさんから「とにかく早く詳細見積書を出させてください。期限が非常に短いので、先に先に検討しないといけないので。先方は別に検討する時間を与えるつもりはないでしょうから、こちらが引っ張っていかないといけません!」とのアドバイス。

しかしアドバイス通りに「一式見積りではなく、詳細見積りを下さい」と頼んでも、姑はお茶ばかり飲んで、なかなか出してくれません。

諦めず(鳥夫が)保奈美さん(40代半ばだと思われる女性設計士さん)にしつこく頼み、さらに施工T社の営業くんにも伝えたりなどしてがんばったところ、やっとこさ以下の「概算見積書」が出てきました。

概算見積書

「一式見積書」の段階では「本体工事」という名でまとめられていた以下の赤枠部分が、分割されて記載されているのものです。

概算見積書

ちなみに、以下のオマケ資料付き。

概算見積書

まあ、本来であれば一式見積書しか出さないところを、 なんとかここまで出してくれただけでも「私達のために動いてくれた」と言えますが……。

 

でもこれじゃ減額調整ができない!

でもこちらがやりたいことは、

「このWICのドアをやめることで、いくらコストダウンできるか?」

「この寝室の窓をワンサイズ小さくすることで、いくらコストダウンできるか?」

という「見積調整」「減額調整」なのです。

最小限の予算で、満足のゆく家が欲しいのですから。

この概算見積書では、相変わらず「減額調整」などできないまま。

だってドアも窓も「建材工事」っていう一項目にまとめられちゃっているのですもの。

でも窓は鳥のこだわりポイントです。

他の部分はもうしょうがないので我慢するとしても、どうしても窓は……窓だけは……!

鳥の好みに少しでも近づけてくれないか……!!

気力を振り絞り、保奈美さんに伝えました。

「見積書ありがとうございます。でもすみません、この見積書ではそれぞれの窓の値段がわからなくて、この窓をやめるとか、違う窓に取り替えるとかの意思決定ができないです……」

すると次回の打合せで、保奈美さんがサッシメーカーのカタログを手に「どういう変更がしたいですか?」と聞いてきました……。

ポツリポツリと場当り的に伝えるたびに、保奈美さんはカタログをペラペラとめくり、「あった!」とつぶやいてはその窓の価格を教えてくれます……。

でも、そもそもカタログに掲載されているのは定価で、実際の価格でもないですし……。

一生懸命対応してくれる保奈美さんに申し訳ないと思いながらも、もう本当にR社との家づくりに気持ちが萎え萎え……。

 

■この連載の一覧を見る