購入前に必ず確認したい!「土地」と「道路」に関する制限3つ

家や土地を買うとき、面する道路(前面道路)によっては建てられる家の面積が影響を受けることをご存知ですか?

持っている車が通り抜けできるかどうかだけでなく、前面道路の幅員や種類次第では土地の面積をフルで活用できない場合もあるのです。

今回は、土地と道路に関係する制限を3つご紹介します。

土地探しの際はどうしても立地や面積に目が向きがちですが、ぜひ本記事を読んで道路についても理解を深め、加わる制限を整理して検討しましょう。

1. どの敷地も守らなければならない「接道義務」

接道義務

「接道義務」とは、「建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」(建築基準法第43条1項)という決まりです。

長方形の敷地だけでなく、奥まった場所にあり敷地形状が旗のような形をした「旗ざお敷地」や、その他の不整形の敷地でも、2m以上前面道路に接する必要があります(幅員については例外もあります)。

また、「面しているのは私道のようだから問題ないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、公道でも私道でも建築基準法で認められた道路であれば、同様に制約を受けることになります。

建築基準法上の道路かどうかを確認したい場合は、インターネットで市区町村名と「道路台帳」で検索してみると、地図上で道路の種別を知ることができるので、ぜひ確認してみて下さい。

 

2. 前面道路が狭いときは「敷地後退(セットバック)」が必要

セットバック

では、前面道路の幅員が4m未満の場合はどうなるのでしょう。

その場合に登場するのが、「敷地後退(セットバック)」という決まりです。幅員4m未満の道路に面した敷地に家を建てる場合、道路の中心線から2m後退した線が実際に使用できる敷地の境界線になります。

この後退は建ぺい率・容積率にも影響し、後退後の敷地面積で建ぺい率・容積率を計算することになります。

後退してできたスペースは道路に割り当てられるため、車を停めることもできないので要注意です。

(建ぺい率・容積率については「家の広さを左右する「用途地域」「建ぺい率」「容積率」正しく理解してる?」をご参照ください)

 

3.角地は「隅切り」に注意!

隅切り

角地に家を建てるときに加わる制限が「隅切り」です。

6m未満の道路に接する土地で、角度が120度未満の角地の場合、人や車が曲がる際に見晴らしを良くするため、土地の角部分が2mになるよう削る必要があります。

隅切り部分は除外され敷地は小さくなってしまいますが、角地は建ぺい率が10%緩和されることが建築基準法で定められています。

そのため、敷地面積にもよりますが、隅切りをしたとしても十分な建築面積を確保できるといえます。

隅切りは、地域によって幅員の数字が異なったり、「義務」とする地域・「奨励」(「努力義務」と呼ばれることもあります)とする地域があったりと、全国一律の決まりではないので、検討している地域の制度をぜひ確認してみて下さい。

土地

PIXTOKYO / PIXTA(ピクスタ)

いかがでしたか。

家を建てるとき、敷地と道路はアクセスの面から切っても切り離せない大切な要素のひとつです。

今回ご紹介した決まりは一部ですが、他にも、敷地と道路の間に高低差がある場合に作らなければならない擁壁やブロック塀も道路にはみ出してはいけません。

制限や決まりというと、どうしてもネガティブなイメージを持ってしまいますが、事前に把握して設計者に相談することで、上手な対応策を提案してもらうこともできます。

ぜひ道路についても理解を深めて、納得のいく土地探しをしてみて下さいね。