子どもに片付けを促す9つの方法

ダメ出しよりまずほめること!子どもに片付けを促す9つの方法・後編

子どもが自分のモノを片付けられるようになるためには、まずは子どもにとって使いやすい環境を整える必要があります。

整理収納アドバイザーのトノエルが、前編に続いて数々の失敗の末にたどり着いた、子どもの片付けを促す工夫を9つご紹介します。

「集中できるのは10分!子どもに片付けを促す9つの方法・前編」でご紹介した工夫はこちら。

  1. 子どもと相談して決める
  2. 片付けに集中できる時間に合わせて、おもちゃの量を決める
  3. 散らかりやすい場所に収納場所を設置する
  4. なるべく簡単な方法で収納する

今回は収納術に加えて、子どもにやる気を出させるテクニックをご紹介します。

5.子どもが出し入れしやすい高さにする

イラスト

肩から腰の高さまでの位置は、手を伸ばしやすく、収納のゴールデンゾーンです。

子どもと大人は背の高さが違うぶん、当然このゴールデンゾーンも違ってきます。

子どもがよく使うモノは、子どもの肩から腰までの位置に収納すると、出し入れしやすくなります。

この位置に収納するモノは、棚に置く、カゴや引出しに入れる、フックに引っ掛けるなど、どんな方法でも扱いやすいはずです。

片付け カゴ

ITADAKI24 / PIXTA(ピクスタ)

腰から下は、子どもにとっても見えにくく手を伸ばしにくい位置になるので、大きなモノは棚に置く、細かいモノはカゴや引出しに入れる、などして、横や真上から見たときにどこに何があるかわかりやすい工夫が必要です。

肩から上は、子どもにとって手を伸ばしにくい位置になるので、モノを収納するのは子どもの目線の高さまでにしておくのがオススメです。

また、重いモノもこの高さに置くのがオススメです。

重いモノを持ちあげるのは危険なので、軽いモノをそっと置くだけ、フックに引っ掛けるだけの収納にしておきましょう。

 

6.子どもでもわかりやすいラベルにする

どこに何を収納するのか決めたら、子どもにとってわかりやすく表示しておくといいですね。

ラベルを付けるのが一番いいと思います。

ラベル

ラベル

ラベル

子どもによって、文字がわかりやすい子、写真がわかりやすい子、イラストやアイコンがわかりやすい子など、さまざまです。

どういう表示の仕方だったらわかりやすいか、お子さんと一緒に考えてみてくださいね。

 

7.具体的でポジティブな声掛けをする

子どもへの声掛けは、わかりやすくプラスのイメージの言葉を選びたいですよね。

「早く片づけなさい!」よりも「もうすぐおやつの時間だから片付けようね。片付けって、使ったモノを出した場所に戻すことだよ。○○ちゃんが片付けできるの、待ってるからね」のほうが、子どもも気持ちよく片付けに取り組めます。

親子

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

部屋が散らかっていてイライラしてしまうと、わかってはいても難しいときもありますが……。

優しいお母さん役の女優にでもなったつもりで、気分を切り替えて、マイナスの言葉をプラスの言葉に変換してみましょう。

そのほうが、子どもも親もご機嫌でいられますよね。

 

8. 習慣化するまでは根気よく一緒に片付ける

スマホ

やる気がないときは、無理に片付けさせるのではなく、まずは大人が楽しんで片付けしている姿を見せるのがいいようです。

例えば、タイマーがなるまでに片付けるというゲーム形式にしたり、お片付けソングを歌いながらご機嫌に片付けてみたり。

「ぼくも一緒にやってみたい!」と興味を引くことができますよね。

また、やる気を出すためには、あえて反対の言葉をかけるのも試してみてください。

「今日は片付けしなくていいよ。ママがするところを見ているだけでいいからね」と声をかけ、思いっきり楽しそうに片付けをしてみてください。

片付け 親子

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

だんだん「わたしもやりたい!」という気持ちになってくるかもしれません。

 

9.片付けられたら、ほめて達成感を持たせる

あの手この手で、子どもが片付けをすることができたら、片付けを頑張ったことをほめてあげたいですね。

親子

shimi / PIXTA(ピクスタ)

カゴの置き方が歪んでいても、本が逆を向いていても、ダメ出しするのはぐっと堪えて。

まずは子どもの努力をたたえましょう。

正しい片付けのやり方は、子どもが達成感を味わった後に、アドバイスするのがいいですね。

片付ける前よりきれいになった部屋を見まわし「きれいな部屋は気持ちがいいね」と、共感しあうことを続けていれば、子どもが成長したときに「汚い部屋のほうが落ち着く」という大人にならないのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

子どもの片付けは、一人ひとりの発達や性格、生活スタイルによってもずいぶん違いがあるので、難しい問題ですよね。

昨日までうまくいっていたシステムが、突然機能しなくなる……ということも日常茶飯事です。

自戒の意味も込めて書いたこの記事、一つでも参考なったのならうれしいです。

「整える」ほど丁寧じゃなく「トノエル」くらいがちょうどいい。整理収納アドバイザーのトノエルでした。