連載
自営業の妻、3年かかって家を買う

ゆるーい子ども部屋のススメ【自営業の妻、3年かかって家を買う】

中古マンションをリノベーションするにあたり、間取りを考えていた時、子どもはまだお腹の中にいました。

なのに、私たちは「子ども部屋」を作りませんでした。

子ども部屋って必要なのかな?

本当に必要になった時に考えても遅くないと考え「作らない」選択をしました。

「リビング学習」が主流の今、子ども部屋は必要ない!?

子どものおもちゃ

どうして、リノベーションする時に子ども部屋を作らなかったのか?

大きな理由として、子どもが何人になるかわからなかったからというのがあります。

第一子を妊娠中にマンションリノベーションをしたのですが、子ども部屋のことを考えると、何人分用意をしたらいいのかな?

今後、何人の子どもを産むことになるか決めていないし、できないかもしれない。

友人は、どうしても子どもが2人欲しかったので、私と同じ第一子妊娠中に建てた新築狭小住宅に、子ども部屋を頑張ってふたつ作っていました。

LDK

もう一つの理由として、最近の子育て事情では「リビング学習」が主流だと知ったからです。

「東大に進学した子は、リビング学習していた」といった情報が、子育て雑誌などでもたびたび紹介されて、今や多くの家庭でこの学習方法が取り入れられています。

ちなみに夫は東大出身ですが、子ども部屋はあったそうです。あれれ?

まあ子どもの学習習慣もつきやすいし、やる気もアップすると聞きますからね。

だったら我が家でも、ぜひこの学習方法を取り入れようと考えるようになったんです。

 

ゆるーい子ども部屋を作ってみた

ゆるーい子ども部屋

我が家のリビングダイニングは、気軽に模様替えができるようにしています。

家族の生活スタイルの変化に合わせて、家も変化させていきたいと思ったからです。

なのでダイニングテーブルはココ、テレビはココ、ソファはココ、というように家具の位置を固定していません。

子ども部屋にもこういった考え方を取り入れようかと思っています。

ゆるーい子ども部屋

今はまだ未就学児なので、子ども部屋はありませんが、ゆるーい子どもスペースを作っみました。

本棚、デイベッド、キッズデスク、ままごとキッチンで囲ってます。

しかし、Z会のワークをここでするくらいで、ほとんどここでは遊びません。

ゆるーい子ども部屋

親としては、ここで遊んでくれたら片付けが楽になるのになーと思って作ってみたのですが、結局は広いリビング側で遊んでいます。

 

将来の子ども部屋のアイデア3つ

ゆるーい子ども部屋

子ども部屋が必要になってくるのは、中学生くらいからでしょうか?

その時のために、今からいろいろ子ども部屋をどうしようか妄想しています。

今のところ、アイデアは3つあります。

 

1.カーテンで仕切る

カーテン

Sunrising / PIXTA(ピクスタ)

これは簡単ですね。リビングダイニングか寝室の一部をカーテンで仕切るという方法です。

巣立った後の撤去も簡単です。

部屋の差し色にもなりそうなカーテンを仕切りに使えばきっと素敵になるよなー、なんて考えています。

ただ、中高生になった時にこれでプライベートが保てるのか? 子どもは不満かもしれませんね。

 

2.アウトドア用のテントを張る

テント

マッケンゴー / PIXTA(ピクスタ)

テントを部屋の隅に張って、そこを子ども部屋にするのも面白そうです。今は広くておしゃれなテントも多いですし、プライベート空間も確保されますし。

リビングにテントがあるって、見た目も面白いですよね。これも撤去が簡単です。音は筒抜けですが……。

 

3.小さい小屋を建てる

小さい小屋を建てる

これは、以前夫が作ったことがあります。

10年ほど前に夫婦で生活雑貨店と建築事務所を同じ場所で始めようということになりました。

その時に夫が考えたのが、事務所スペースとして部屋の中に小屋を作ることでした。

壁の部分は棚仕様にして、屋根もスカスカですが、秘密基地みたいでこもり感は十分でした。

なかなか可愛らしく、お客さんの評判も良かったのを覚えています。子ども部屋にも採用できそうです。

 

子ども部屋を使うのは、たったの6年?

いかがでしたか?

子ども部屋が必要な期間って何年くらいでしょう?

と考えた時に、もしかしたら中・高合わせてたったの6年(!)かもしれません。

大学生になったら家を出てひとり暮らしを始めるとすると、また夫婦ふたりの生活が始まります。

そういうことも考えて、「撤去できる子ども部屋」を目指したいと思います。

お金や時間がかかる大げさなリノベーションをするつもりは、今のところありません。