介護者は一人で悩んだら絶対ダメ!認知症の介護でハマる落とし穴

介護の悩みは尽きることはありません。

身近に相談できる人がいると安心して介護が続けられますが、相談できない介護者もいます。

認知症やアルツハイマーというだけで他人に打ち明けられず、つい閉口してしまうからです。

そんな介護者について考えてみました。

男性介護者は要注意!真面目な人ほど相談できず孤独に陥る

認知症の親を介護することになれば、食事や入浴、薬、下着、オムツ、排便と、いろいろな問題に直面します。

その結果、介護者のストレスは溜まるいっぽうです。

真面目な人ほど精神的に追い詰められ、精神系の病に見舞われることもあります。

ストレス

NOBU / PIXTA(ピクスタ)

介護中はストレスが溜まり続け、いくらストレス解消とばかりに遊びに出かけても、家に帰ればまたイライラ。

特に男性介護者は自分で悩みを抱え込み、他人に相談できない人が多いようです。

男性は人に相談するより、自分で何とかしようとする傾向が強く、家に閉じこもってしまいがちです。

つい暴力をふるってしまうのも女性より男性介護者のほうが多いとも言われています。

 

介護者の羞恥心とプライドが介護の邪魔をする!?

人にあまり相談したり助けを求めない介護者は、認知症の親を人目にさらすのが恥ずかしいと思っているからでしょう。

介護

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

しかし、認知症や介護は今や500万~600万人という人が関わっていて、恥ずかしいというレベルはもう過去の話です。

恥ずかしいと思っている人は、認知症の知識が少なく、世間とズレているといってもいいでしょう。

一方、自分の介護がうまくいっていると思い込んで、他者の援助を好まない頑固な人もいます。

一言でいうなら、プライドでしょうか。

これもまた知識や情報を持たず、社会との交流を避けている感があります。

車いすに認知症の親を乗せて買い物や行楽に出かける娘や息子はたくさんいます。

介護旅行

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

まずは自分の気持ちと行動を少しずつ外に向けていくことから始めてはいかがでしょうか。

 

同じ悩みを抱える「介護者仲間の会」に参加するのも一つの手段

そんなストレスまみれの介護者でも、唯一心を開ける場があります。それは、同じ悩みを持つ人が集う「介護者の会」です。

介護者の会

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

会員たちは自分と同じような経験をし、悩みを抱えていることが多く、それだけで救われる思いがします。

介護者として仲間意識が芽生え、やがてアドバイスをしたり、受けたりするようになります。

そこでは誰も虐待は良くない、とは言いません。

そんなきれいごとでは済まないことぐらい、十分に承知しているからです。

解決法を見つけることができなくても、会員たちは自分の話をちゃんと受け止めてくれ、経験を通してアドバイスをしてくれます。

 

困ったら、すぐに介護の専門家と話をしてみることが大切!

介護者にとって最も大切なことは、いろいろなことを相談できる人がいるということです。

実の兄弟や友人、あるいは近所のおばさんでもいいでしょう。

できれば介護経験者であれば、より安心です。

たとえば介護のプロ。ケアマネージャーや介護士などの専門家は、数多くの介護者、要介護者と接してきています。

介護相談

しげぱぱ / PIXTA(ピクスタ)

相談者としては理想的です。

これらの専門家とは市役所の介護課などで紹介してもらうといいでしょう。

 

常に介護される親の気持ちを考えてみる

もしも自分が介護される側に立った場合、娘や息子にそこまで必死で介護してほしいと思うでしょうか。

要介護

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

親としては、申し訳ないという気持ちで一杯かもしれません。

親の本音はおそらく、独りで頑張らないでほしいということだと思います。

自分のせいで子どもが苦しんでいるのを見て平然としていられる親などいないでしょう。

そう考えれば、早く病院で診断してもらい、医師専門家の意見を聞いてみるべきです。

 

誰かに相談したくなったら、いろいろな会に参加する

専門家は敷居が高いと思ったら、介護者の会に参加(見学だけでも可能)して、話がしやすい相手を見つけておしゃべりしてみましょう。

みんなの話を聞いているだけでも勉強になります。

「介護者の会」には男性だけの「オヤジの会」などもあり、介護に悩んだらぜひ一度、足を運んでほしいところです。

全国の役所や社会福祉協議会などで紹介してくれます。

社会福祉協議会

Renoir / PIXTA(ピクスタ)

かかりつけの医院でも、どこの病院にどのような専門医がいるか教えてくれることがよくあります。

専門医

SoutaBank / PIXTA(ピクスタ)

それでもだめならインターネットで探してみましょう。

介護、相談といったキーワードで相談できる専門家がたくさん出てきます。

 

とにかく、介護では自分一人で抱え込まないことが、一番大事です。

抱え込んでしまうと、介護をする方もされる方もダウンしてしまいます。

ぜひ、皆さんも参考してみてください。

 

【参考】

※ 認知症ねっと 第33回 家族による虐待 ~男性介護者の場合~

※ 厚生労働省 平成28年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果