無印の木製ケースを積むだけ!カトラリーケース棚をDIY

無印良品の木製ケース(約幅26×奥行10×高さ5cm)。

ずっと前から、今でも愛され続けている無印アイテムです。

同じものをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介したいのは、無印良品の木製ケースを使った「カトラリーケース棚」です。

無印良品の木製ケースを使った簡単DIY

木製ケース

毎日使う箸やスプーンなどのカトラリー類。みなさんはどこに収納していますか?

テーブルに引き出しがついていたりして、カトラリーがすぐに取り出せるテーブルがありますが、あれ、とても使いやすそうで羨ましいです。

だからといって、ダイニングテーブルを新調する予定もありません。

ならば我が家にピッタリな「カトラリー置き場を自作するしかない!」

こうして「無印の木製ケース」と「簡単DIY」のコラボで120%満足できる、カトラリー置き場が出来ました。

 

材料は「木材」と「ボンド」だけ!

材料は「木材」と「ボンド」だけ!

材料は「木材」と「ボンド」の2つ。ヤスリがあれば、なお「良し」です。

今回使用した木材は「マボガニー材」。近所の大型ホームセンターで簡単に手に入る木材です。

カット販売されている規格材を、ホームセンターで細かくカットしてもらえば、3sはボンドで組み立てるだけ。

長さ1820mmで販売されている木材をカットしたので、もちろん幅も厚みも一緒なのです。

 

事前の計測ですべてが決まる!ここだけは慎重に行おう!

カトラリーケース棚

まずは完成イメージをご覧ください。

カトラリーケースを置くことが目的でしたが、結果的に「ウエットティッシュケース」と「ティッシュケース」を置くことにも成功。

幅は、オープンキッチンの横幅に合わせています。

カトラリーケース棚

何も置いていないときの状態。

キッチンの続きにダイニングテーブルを設置しているのですが、今回はこの段差に合わせた「カトラリーケース置き場」を計画しました。

カトラリーケース棚

一番重要な計測です。

【高さ】と【幅】を確認します。

【奥行】は木材そのままの幅になるので、使うカトラリ―ケースや、収納したい物に合わせたサイズの木材を選びましょう。

カトラリーケース棚

それではパーツごとに詳しく見ていきます。

【A】の木材は横長に置くパーツ。
【B】は仕切りの2枚。
【C】はカトラリーケースに挟まれる部分。
【D】は【C】を上下で挟み込む4枚。

ではさっそく、組み立てながらご説明します。

 

積み上げるだけで完成!仕上がりをイメージしてみよう。

【A】の上に、左から順に【D】・【D】・【B】を木工ボンドで付けます。

この時の【D】は、あとで横置きに乗せる【C】の幅に合わせて取り付けます。この挟まれた空間が、カトラリーケース置く場所になります。

【B】は【A】の端に合わせます。

カトラリーケース棚

2つのカトラリーケースに挟まれるパーツ【C】を置き、残りの【D】2をボンドで付けます。

カトラリーケース棚

当初、予定になかった、ティッシュケースと、ウェットティッシュケース置き場。この2つの間に【B】をセット。

ここに、ダイニングテーブルの常備品を置いてみてはいかがでしょうか?

カトラリーケース棚

 

最後はフタをするように、【A】を乗せて完成です。

木材には、たっぷり目のボンドを付けて組み上げてください。

 

ホコリを防いで取り出しやすい「カトラリーケース置き場」完成

カトラリーケース棚

組み立ては簡単5分です。

設置予定場所で組み上げれば、そのままボンドが乾くまで置いて完成を待てますね。

カトラリーケース棚

ホコリを防ぐため、カトラリーケースの上部には、2mmくらいしか隙間がありません。取り出しがしやすいよう、ケースのサイドに2センチほどのすき間を設けました。

カトラリーケース棚

このように指を差し込めば、簡単にケースを出し入れできます。

カトラリーケース棚

結果的に生まれた「ウェットティッシュケース」と「ティッシュケース置き場」

使い勝手が良く、お気に入りです。

見せる収納にしておくことで、ダイニングテーブルの上が、雑多に見えません。

ティッシュケースは予備まで入れることができました。

カトラリーケース棚

最後に、計測時の一番間違いやすいポイントをひとつ。

必要な高さ÷2で、【D】の板の長さを計算してしまいがちですが、

この「カトラリー棚」は、下から【横板の厚み】+【縦板(D)の長さ】+【横板の厚み】+【縦板(D)の長さ】の合計が【必要な高さ】になります。

「無印良品を使ったカトラリー棚」気になる方は、ぜひ挑戦してみてください!