「ロフト」「小屋裏」の無駄な空間をなくす!効果抜群の収納法

住宅関連の取材をすると、かなりの割合で「雑然と散らかっているので、ロフトの写真は控えてもらいたい」と家主さんから言われます。

上手に収納したいと思いつつも、なかなかキレイに収納できないと悩む人はとても多いようです。

筆者の実家にあるロフトは約1.5畳あるのですが、収納力に関しては通常の1.5畳と比べるとかなり低く感じます。

便利なはずの空間が、そこまで便利ではないというのは本末転倒ですね。

今回は、「ロフト」「小屋裏」の活用法をご紹介します。

ロフトや小屋裏に収納しているものは何?

リサーチをしていくと、このスペースをうまく活用できない主な原因は天井までの高さが十分にないこと天井が斜めになっているため使いにくいことが挙げられそうです。

ロフトや小屋裏を有効に活用する方法はないものでしょうか。まずはリアルな声を聞いていくことにしましょう。

ロフト

ニコプロ / PIXTA(ピクスタ)

「アウトドア用品や、スキーの板などを収納しています」(35歳/専業主婦)

アウトドア用品

momoirorenjya / PIXTA(ピクスタ)

出しっ放しにしているとインテリアの邪魔になってしまうものは、見えないところに隠してしまいましょう。

 

「シーズンオフの洋服を収納しています」(32歳/パート)

シーズンオフの服

CORA / PIXTA(ピクスタ)

ロフトや小屋裏はなかなか荷物の上げ下ろしが大変な場所でもあるので、頻繁に使用しないものをしまっておくのに適しています。

 

「子どもが着ていた服や、お絵かきなどをしまってあります。捨てられないけど邪魔なので……」(40歳/パート)

子ども服

ナオ / PIXTA(ピクスタ)

ロフトや小屋裏は“使わないけれど、捨てられない思い出のもの”をしまっておくのにも便利ですよね!

 

ロフト&小屋裏収納の使い勝手を上げるには?

以前に注文住宅関連雑誌の仕事をしたときに、施主さんがハウスメーカーの方から聞いたそうなのですが、背の低い棚を壁に沿わせて置くと使い勝手が格段に上がるそうです。

例えば2〜3段のカラーボックスを横にして置けば、収納力が格段にアップします。

ボックス収納カラーボックスに引っ掛けられるカゴなどを取り付ければ、細かなものの収納もOK!

カラーボックス

nito / PIXTA(ピクスタ)

衣類ケースという手もありますが、ロフト上の空間が丸々ムダになってしまうので、ややスペースのムダづかいになるのでベストではないとのこと。

もちろんカラーボックス以外にも、ローチェストや同種類のボックスなどで応用するのもありですね!

 

「ウォークインクローゼット」のような感覚で使ってみよう!

これも上記と同じ取材の時に伺ったことなのですが、背丈の低い「ウォークインクローゼット」のような感覚で使用すれば、ロフトや小屋裏収納を比較的簡単に使いこなすことができます。

小屋裏

PHOTO NAOKI / PIXTA(ピクスタ)

ロフトや小屋裏などのスペースは、乱雑になりやすい場所ですが、工夫次第では使い勝手がグンと上がるんです。

収納したいものをバサバサと置いていくのは、ちょっと収納下手なイメージ。

壁際に棚を作り、そこに収納したいものを服や小物などのコーナーに区切って(ジャンル分けして)置いていくと、今まで以上に使い勝手の良い空間になるはずです。

ロフトや小屋裏などのスペースをイマイチうまく使いこなせない……とお悩みの方は、ぜひお試しくださいね。