家の主役!憧れのキッチンを実現したこだわりの家づくり5選

キッチンが素敵だと、毎日の食事作りが楽しみになります。

家族や友人たちが集まって、わいわい賑やかにテーブルを囲む暮らしって良いですよね。
新築やリノベーションでキッチンを大改造した「こだわりキッチンの家」を、5本まとめてご紹介します!

20人も座れる!テーブル一体型アイランドキッチン

Mさん邸
Mさん夫婦のキッチンは、「テーブル一体型のアイランドキッチン」が真ん中に据えられています。
テーブルすぐ横のLDの床が一段高く作られており、そのままベンチにすることもできる工夫がなされています。

Mさん邸

自宅で大人数のパーティーができる仕様なので、友達やママ友を呼んでみんなで食事が楽しめます。

小さな子どもがいると外食するのも大変ですが、こんなキッチンがある家なら、仲間と一緒に気兼ねなくゆっくり時間を過ごせますね。

 

使いやすくて丈夫!プロが愛用する機能美キッチン

次にご紹介するのは、料理好きにはたまらないプロ仕様の「機能美キッチン」です。

Iさん邸

Iさん夫婦は昭和の団地をリノベーション。
特にこだわったのはキッチンで、カリスマ主婦・石黒智子さんの自宅厨房に憧れて、横浜市の荒井板金製作所にステンレスキッチンを直接オーダーしました。

Iさん邸

使い勝手の良さ、掃除のしやすさなど、プロが愛用するキッチンには魅力がいっぱい。

スタイリッシュなデザインにも注目です!

 

かゆい所に手が届く!動線と収納にこだわったキッチン

早川さん邸

早川さん夫婦は、家事動線と収納にこだわってキッチンをカスタマイズしました。

キッチンに立ったとき、手の届く範囲に必要なものがあるように、動線のムダをできるだけ排除。
キッチンの背後には造り付けのパントリーやキャビネットを設置し、キッチン本体の収納には、普段の家事の流れと収めるものに合わせて設計しました。

早川さん邸

「扉式じゃなくて、引き出し収納の方が便利だった」「電気コンセントの位置が遠くて届かない」などなど、後から後悔することも多いキッチンデザイン。

早川さん宅の、細かいところまで目が行き届いたキッチン設計を、ぜひ参考にしてみてください!

 

生活感ゼロのキッチン!その工夫はどこに?

Tさん邸

Tさん夫妻はマンションの最上階の部屋をリノベーションし、キッチンの改修工事を行いました。

物が多いキッチンは、ごちゃついて見えがち。
そこで、背面の収納の高さを抑えてLDから目につきにくくしました。
カウンターにはモザイクタイルを貼り、おしゃれな空間を演出。

キッチンの生活感を上手に消す”技”が光ります。

 

業務用キッチンでコンパクトなのに機能的!

Sさん邸

Sさん夫婦は中古マンションを購入し、リノベーション。

既存利用でコストを抑える努力により、工事費はわずか460万円だったそう!
タニコーの業務用キッチンを採用し、憧れの「厨房」を再現。

「野菜をジャブジャブ洗いたい」という希望で、ダブルシンクを取り入れました。

Sさん邸

リビングに奥行きを広めにとったカウンターを作ったことで、ダイニングテーブルが不要に。

キッチンをコンパクトにし空間を広々見せる工夫は、ぜひ真似してみたいものです。