うまくいく二世帯住宅の建て方・暮らしの秘訣【建築家米倉拓生さんに聞きました】

二世帯住宅の設計には細やかな心配りが必要です。
あらゆる方向から物事を見る必要があるからです。二世帯住宅を建てるには、何から始め、何を考え、何に気をつければよいのか……。

二世帯住宅を建てる際に、事前の心得やプランニング、一緒に暮らす際のルール決めなど、気にするべきポイントがあります。
今回は、建築家の米倉拓生さんに「うまくいく二世帯住宅の秘訣」をお聞きしました。

Q.二世帯住宅を建てる前に心得ておきたいことは?

A.二世帯住宅を建てる理由を明確にしましょう

「高齢の親の面倒を見るため」
「病気になったときに子どもがそばにいてくれたら安心だから」
「共働きなので、子どもの面倒を見て欲しいから」
「親はまだ若く元気だけれど、今ある土地を活用できるから」…など、
二世帯住宅を建てるきっかけはさまざまあることでしょう。

二世帯住宅

maroke / PIXTA(ピクスタ)

ここで気にとめておきたいことは、親子間に「依存」があるかどうかです。

前者の3例は親子間に依存関係が生じますし、後者の1つは個々に独立した関係にあるといえます。
この違いによって、二世帯住宅の建物の形態が変わってくるのです。

依存関係がなければ、玄関もキッチンも浴室もすべてを分ける完全分離型も成立しますが、子どもの面倒を親に見てもらいたいという場合、また親に介護が必要な場合は、つながりを重視したプランニングを提案します。

「二世帯住宅を建てる理由」をあやふやにせず、しっかりと確認をしておくこと。
これができてから家づくりにとりかかることをおすすめします。

Q.二世帯住宅のプランニングで考慮したい点は?

A-1.せっかくの二世帯です。つながりをつくりましょう

「一部をつなげる」「共有スペースをつくる」……。
この場合、どこをどのようにつなげるかがポイントになります。

また共有スペースをつくろうという場合、両親、息子、嫁の立場でそれぞれ思惑があり、意見に食い違いが出るケースが多いのです。

例えば、
両親側は「孫の顔が見たいから共有スペースをできるだけ多くしたい」、
息子は「キッチンを分ければいいだろう」、
嫁は「行き来ができるドアだけ設けて、キッチンや浴室はしっかり分けたい」……などと
家族間で考えがまちまちということです。

しかし、せっかくの二世帯住宅です。
マンションのような個別のつくりでは、血のつながった親子ですし、近くに住んでいる意味がありません。

下の2点のスケッチのように、吹き抜けやテラスなどに「呼びかけ空間」をつくったらいかがでしょうか。
さりげないコミュニケーションが自然にとれます。
「ほどよい距離でほどよい交流」が二世帯住宅の理想です。

2世帯住宅プランニング1

建物をコの字型にし、中央に共有できるテラスを設けた。1階が親世帯、2階が子世帯となっており、テラスがあることで孫も行き来しやすくなる。またこのプランは、都市の密集地の場合にも光と風を取り込むことができる

2世帯住宅プランニング

1階と2階のそれぞれにLDKのある分離した二世帯住宅。1階の一部に吹き抜け空間をつくり上下で呼びかけができるようにした

 

A-2.特に注意したいのは生活音の問題です

1階に親世帯、2階に子世帯が配されるケースはよくありますが、やはり特に悩まされるのは「生活音」の問題ではないでしょうか。

子どもが走り回る音が気になったり、親世帯が寝静まったあとに、遅く帰った子世帯のシャワーの音が響いたり、といったことが考えられます。
このほか、テレビの音、キッチンで洗いものをするときの音、トイレの音、ドアの開け閉めの音なども「生活音」です。
また、音楽を聴きたくても遠慮しなくてはいけないようなら困ったものです。

子ども 走る

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

対策としては、水回りの上には水回り、寝室の上には寝室と、同じ用途の居室を上下階で重ねること。

寝室の上がDKであったりすれば、椅子を引く音なども気になるかもしれません。
遮音性のある床材を張れば、ある程度の効果は期待できます。

洗面台

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

もうひとつの対策としては、2階に親世帯、1階に子世帯を配することで、前述のような音の問題はある程度解決できます。

 

Q.息子夫婦と娘夫婦で建て方は変わりますか?

A-1.娘夫婦との二世帯も増加。同居型も多いですね

女性が嫁いで長男の家に入るという風潮は、時代の流れで変わりつつあります。
よって、娘夫婦と暮らす二世帯住宅もここ近年増えてきました。

母娘なら本音で話し合えて、不満があってもためなくてすみます。
家づくりの段階でも、一緒に住みはじめてからもそれはいえるでしょう。

「娘がそう言うならいいわ」と、歩みよれるのです。
結果、同居型でもうまくいく場合が多いのです。

こちらの娘夫婦と暮らす二世帯住宅の間取り図は、玄関、キッチン、浴室のすべてを共有している娘夫婦との同居型の一例。
2世帯住宅妻義親

とても仲のいい家族なので、米倉さんはあえて「気配の感じる」プランを提案し、それが実現しました。

1階のLDKの隣には両親の部屋がありますが、普段から扉を開けて生活しているとのこと。
広い納戸を間に置くことで、ゆるやかに空間分けがなされています。
この家族は仲がいいので、特に子世帯のご主人の居場所をつくっていませんが、一般的にはご主人が息抜きできるように、狭くても書斎などを設けるようにするとよいでしょう。

 

A-2.息子夫婦と同居する場合、分離したほうが無難

嫁姑の関係は、今も昔もさほど変わるものではなく、現実を見据えて言えば意思の疎通はなかなか難しいものです。
気の合う義母と嫁の場合は別にして、完全分離型にするほうが気遣いは少なくてラクでしょう。

ですが、前述したとおり、子どもの面倒を見て欲しいとか、介護の必要があるといったときには、同居型もありえます。
この場合、ご主人が奥さんを理解してあげることが大事だと私は思います。

こちらの間取り図は、玄関、浴室を共有し、キッチンを別々に設けた、息子夫婦と暮らすプランの一例。
2世帯住宅息子夫婦の場合設計一例

「浴室を一緒にしたのは使用する時間帯がずれていた点と、奥さまの性格によるところが大きい」と米倉さん。
奥さまの温和な性格によりこうした共有箇所を設けたとのこと。

東側の親世帯はドアを閉めれば独立した空間になり、それぞれの時間を過ごすことができます。また玄関の上を吹き抜けにして、来訪者があれば2階からも確認できるようにしています。