リライフプラス

お気に入りのヴィンテージ家具と暮らすリノベーション【リライフプラス】

ヴィンテージ感のある素材や古いものが好きなSさん夫妻でしたが、以前住んでいた40㎡の賃貸マンションでは好きな家具をなかなか置けませんでした。

いずれ住み替えようと資金作りを進めていたとき、すぐ近所で売りに出たマンションを気に入って購入し、リノベーションしました。

下見の段階から相談していたnu(エヌ・ユー)リノベーションに依頼し、工事費1,100万円(税・設計料込み)で大好きな家具を思う存分置ける住まいを手に入れました。

ヴィンテージ感をたっぷり取り入れたLDK

古材を使ったダイニングテーブル

「古いものにこだわっているわけではなくて、好きなデザインや素材感で選ぶと、結果的に古いものになるんです」と話すのは夫。

ステンレス仕様のキッチンにはヴィンテージ感のあるギャラップのダイニングテーブルを合わせ、歳月を経た素材と新しいものをうまく調和させました。

ダイニングの古いランプは「セローテアンティークス」で購入したもの。

Sさん夫妻が厳選したモノだけが並ぶキッチンのオープン棚は、足場板を使用してラフな雰囲気に統一しました。

「モノをしまい込むのは好きではないので、みんな出して、飾って楽しんでいます」と妻は話します。

パソコンコーナーのあるLDK

LDKと玄関ホールはスチール+ガラス製のオリジナルドアで仕切っています。配管を内蔵した柱は、絵や文字が書ける黒板塗装仕上げに。

また、キッチンカウンターに設けた飾り棚には、古いカメラやシェーカーボックスなどが並んでいます。

ミッドセンチュリーの食器棚

LDKのなかでひときわ存在感を放っている美しい食器棚は、リノベ工事中にネットで見つけて購入したもので、おそらくミッドセンチュリーのものだそう。

同じくネットで購入したシェルフは、フレームがアンティークなのですが、強度に不安があったため棚板3枚を取り替えて使っています。

蚤の市で購入した家具

東京蚤の市で購入したというブルーグリーンの古いトランクをローテーブル代わりに。

窓際の壁には大小の額に収めた家族写真などが並び、リビングを彩っています。

 

ゆとりある玄関から子ども室への動線

拡張した玄関

玄関は拡張して広々とした空間に仕上げ、LDKとの間にはオリジナルドアをつけました。

照明はダイニングのランプに似ていますが、こちらは新品。

子供部屋とWIC

玄関の横には大容量のウォークインクローゼットと、さらにその奥にはもともと洋室だった約3畳の細長い子ども室。

ウォークインクローゼットは建具ではなく、カーテンを取り付けることで出入りしやすくしました。

 

水まわりはLDKの一角に配置

LDKからバスルームへ

バスルームがあるのはなんとLDKの一角。洗濯機置き場もこちらにあります。

LDKに洗面台

洗面台は玄関ホールとキッチンの間に設置。帰宅して、手を洗ってLDKへ、という合理的な動線です。

トイレは収納棚をつくらず、ネット状のボックスを取りつけて、トイレットペーパーのストックなどを収納しています。

ステンレスキッチンとヴィンテージ家具

入居後も好きなアンティークショップのウェブサイトをこまめにチェックしているというSさん夫妻。

実際に店に足を運ぶこともあれば、ネット通販を利用することもあるといいます。

好きなものへの情熱と、情報に敏感なアンテナと、ブレない選択眼でセンスのよい生活空間をつくり出していました。

このリノベーションをもっと詳しく見たい方は、ぜひ「リライフプラスvol.18」も参考にしてみてくださいね。

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計・施工 nu(エヌ・ユー)リノベーション

撮影 中村風詩人