重すぎるランドセル問題が即解決!負担を軽減できるコツ4つ

ランドセル問題については、多くの親たちが声をあげたおかげで、社会が動きを見せています。

ランドセルに詰まっているたくさんの教科書や体操着などの重さで、体に負担がかかっている子がいるため、対策を講じなくてはならないという動きになっているようです。

子どもたちのために、今すぐにできることがあります。それは、体と心へのフォローです。

我が家の中学生は8キロ、小学生は4キロもの荷物を背負っていた!

筆者宅には、小学生と中学生の子どもがいますので、毎日、どの位の重さのものを背負っているのか調べてみました。

こちらは小学5年生の娘のランドセルの中身です。ご覧のようにびっちり入っています。

ランドセル

重さを量ってみたら、4キロありました。

ランドセルの重さ

本人に「重たくないの?」と聞いたところ、「もう慣れた」とのこと。

試しに娘のランドセルを背負ってみましたが、肩にずっしりときて驚きました。

 

そこへ中学2年生の息子が帰宅したので、スクールザックを見せてもらいました。

カバンの中は、当日の学習道具しか入っていない状態だというのですが、かなりの量です。

スクールザック

重さを量ってみたところ、なんと8キロです!

スクールザックの重さ

中学生になると、小学生の倍の荷物を持って登校しているのかと本当に驚きました。

 

負担を少しでも軽くするためにできる4つのこと

ランドセルと学習道具の重さを少しでも軽くすると体が楽になりますね。そのためにできることを4つ紹介します。

1. 肩パッドや肩ストラップをつける

肩ショルダー現在、体に痛みが出てしまっている場合は、肩パッドや肩ストラップをつけることで、くい込んでしまうことを防ぐことができます。

これらの品は、ランドセル売り場やネットショップなどで取り扱っています。

痛みを訴えている子には痛みの軽減に一役買ってくれるはずです。

 

2. ランドセルを体にフィットさせる

ランドセル

ランドセルと背中の間にすき間ができてしまうと、後ろに引っ張られ、重心がズレてしまうことがあります。

また、重いために反ってしまうこともあるでしょう。

余計なところに力がかからないようにしてあげるために、背中にすき間がないか、横から見てあげてこまめに調節してあげることが必要です。

 

3. 筆箱などは軽い物にする

教科書や資料集が重いのは、今はどうすることもできません。

しかし、それ以外は軽い物に変えることが可能なはずです。

筆箱

kuro3 / PIXTA(ピクスタ)

娘の友達は、筆箱を2つ持っていく子や、筆箱自体が重い子もいました。

少しでも軽くするために持ち物の見直しをすることも必要ではないでしょうか。

 

4. ランドセル自体を軽めの物にする

ランドセル

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

入学前に購入するランドセルは、極力軽くてしっかりしているものを選ぶようにしましょう。

肩ひも部分が可動式になっている物も成長によって肩ひもが背負いやすいように動くので子どもには楽に感じるようです。

 

「褒める」「励ます」ことで、やる気を出させるチャンスに!?

メンタルケア心理士からすれば、この事案は子どもを褒める絶好のチャンスになると考えています。

「ランドセルを背負って登下校することは当たり前」と思っている子どもたちだからこそ、ここは自覚していない部分です。

そこをあえて褒めることで、子どもたちは喜びますし、認められたと感じて、さらにやる気が出てきます

ランドセル 親子

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

ここでのポイントは、親に認められたことが心のフォローになるということです。

例えば、以下のような言葉をかけてあげると、子どもは親が自分のことをちゃんと見てくれていると認識できます。

「重いのをがんばって背負っているから、体力や筋力がついてきたのかな。すごいね」

「毎日がんばってすごいね。でも、肩が痛くなったら言ってね。調節してあげるから」

「重くてもへっちゃらなの!お母さんにはできないわ。○○くん(ちゃん)は力があるね」

これが安心に繋がり、頑張れるようになるのです。

子どものがんばりに寄り添って、大切に思っている事を伝えていきましょう。

 

ランドセル通学

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

いかがでしたか。

社会が動き出していますが、今は各家庭でできることを対処するしかありません。

「重いからかわいそう」や「これでは体を壊す」という怒りを感じることが多いでしょう。しかし、見方を変えてみることも大切です。

子どもに必要な体と心のフォローが、今は大切な部分となるはずです。