「制服」を清潔にキレイに収納できる!衣替えに便利なグッズ3つ

10月に入り、衣替えの季節となりました。

近年のクールビズ・ウォームビズの浸透などの理由で、10月半ばまで夏服で通学できる学校も一部ありますが、順次冬服に移行する時期です。

そこで衣替えの時期に揃えておきたい、「制服」を収納する便利グッズ3つをご紹介いたします。

近年の衣替え事情ってどんな感じ?

制服

Miyakun38 / PIXTA(ピクスタ)

ひと昔前の「衣替え」というと、天候の良い日にクローゼットや引き出しを全開にして春夏物と秋冬物を交換したり、防虫剤を入れたり……など、ちょっとした一仕事でしたよね。

しかし、近年の衣替えというと温暖化・間取り・大々的な衣替えを省ける収納便利グッズのラインナップなども相まって、「衣替え」するという意識が薄れているといわれています。

加えて、衣替えするといっても狭い範囲での配置の交換程度で済ませるという傾向も高まっており、人によっては10分程度で衣替えが終わってしまう方もいるかもしれません。

このように時代の流れとともに「衣替え」に対する考えが変化していますが、来年の夏もキレイな状態で制服を着たいなら、便利グッズを活用して保管することをオススメします。

それでは、衣替えのときに揃えていきたい3つの便利グッズについてご説明いたします。

 

1.「不織布の衣類カバー」夏服をベストな環境で保管できる!

制服の夏服といえば、シャツ数枚+スカートまたはスラックスなので、冬服よりは数も少ないのが特徴。

枚数が少なくてもホコリやスギ花粉の付着を避け、かつ通気性の良い環境で保管するのがポイントです。

ひと手間かけることで、翌年も快適に夏服を着用することができますよ。

ベストな環境で夏服を保管したいなら100均やホームセンターなどで販売されている不織布の衣類カバーを活用してみましょう。

不織布の衣類カバー

商品の長さはさまざまあるので、お子さんの身長などで選べます。

一部の商品では不織布に防虫効果が見込まれる成分も含まれていますので、要チェックですよ。

 

2.「連結ハンガー」複数のシャツもスマートに収納できる!

複数ある制服のシャツは、ハンガーの上部に連結フックが入っているタイプのハンガーがオススメです。

連結ハンガー

ハンガーを一つずつ並べてかけたシャツより、ハンガーを連結させてシャツ保管すると収納スペースも確保でき、スマートな印象を与えます。

そして、衣替えになったときもスムーズに交換できますよ。

以前も連結ハンガーに関する記事を掲載していますので、こちらもぜひご覧ください。

 

3.「サシェ(香り袋)」収納スペースに心地よい香りが漂う!

収納スペースにほのかに漂う香りは、心地良いものですよね。

不織布カバーで制服をひとまとめにした後に「サシェ(香り袋)」を入れるのもオススメです。

サシェ

マリンやフローラル系などの香りがあるので、衣替えの最後にお子さんのイメージに合わせた香りを用意してみてはいかがでしょうか。

サシェ

サシェにはフックタイプとヒモでつるすタイプなどがあります。

 

便利グッズを活用して、清潔に保管しよう!

夏の制服

いかがでしたか?

上記で紹介したように夏物の制服を不織布のカバーに入れてまとめると、収納スペースがスッキリするメリットがあります。

夏服を用意する時期になったらカバーを外すだけなので、不織布のカバーがあると便利です。しかも通気性も抜群。

そして、不織布カバーと一緒に省スペースで衣類の保管ができる連結ハンガーと、心地良い香りを放つサシェもうまく活用して、夏服を清潔に保管しましょう。