無印、LOWYA、100均。洗濯機置き場で使えるオススメ収納グッズ3つ

洗濯機置き場の周りは、洗濯ばさみや洗剤などの出しっぱなしによって散らかった空間となりがちです。

そんな空間に、ホワイトを採り入れることで、生活感もあまり漂わず、かつスッキリした空間が叶います。

今回は、何かとだらしなくなる「洗濯機周りのオススメの収納術」をご紹介します。

「またすぐ使うから…、そのまま放置」が、洗濯機周りを散らかす原因?

洗濯機置き場

TATSU / PIXTA(ピクスタ)

家族の数や年齢層にもよりますが、特に子どもがいる世帯は、使う衣類やタオルが多いため、洗濯機を毎日2回以上使っている方も多いのではないでしょうか。

このように「またすぐ使うから、そのままにする」という理由で、複数の洗剤や洗濯ネットが置きっぱなしということもあると思います。

確かに洗濯する側にとっては、洗濯グッズをすぐ手に届く範囲に置くのは効率的かもしれませんが、他人からみたら洗面所が散らかっている残念なイメージを与えかねません。

散らかっている洗濯機周りの空間を何とかするには、清潔感を与えるホワイト系のグッズを活用することをオススメします。お家・マンションの築年数に関係なく、ホワイト系のグッズは、あらゆる空間となじみやすいのも魅力といっても良いでしょう。

 

洗濯機周りをワンランクアップできる!オススメグッズ3つ

こちらの項目では洗濯機周りをシンプルな空間にできるオススメの収納グッズを3つピックアップします。

1.ランドリーバスケット

ランドリーバスケット

ホワイト系のランドリーバスケットは、国内に店舗を構える複数のメーカー(ブランド)から発売されています。

こちらはLOWYAの「ランドリーバスケット 折りたたみ式 蓋付き たっぷり入る容量5kg」(サイズ/W68cm×D36.5cm×H74cm、価格/3,990円・税込)

ライターの私がネットやカタログ、実物で確認したところ、ランドリーバスケットはホワイトやアイボリーといったカラーが圧倒的に多いグッズでした。

上部にはフタ部分があることも多く、来客で洗濯物を見られたくないという場合、すぐ隠せるのが魅力です。

ただし、商品によって、サイズだけでなく床に密着しているか否か、キャスター付きなど作りが違っているので、採り入れるなら事前に配置場所なども確認しておくと良いでしょう。

例えば、洗濯機の隣にランドリーバスケットを配置するなら、洗濯機のホースと触れないよう、考えて選ぶ必要があります。

また、掃除のするときにランドリーバスケットを簡単に移動できる仕様を選ぶのもポイントです。

 

2.ソフトケース

 

ソフトケース

洗濯機周りには、洗剤のほかにも洗濯用ネットや洗濯ばさみなどが置かれていることも多いですよね。

使わないときはわかりやすく、かつわかりやすくまとめておきたいものです。

無印良品の「やわらかポリエチレンケース」(サイズ/W25.5cm×D36cm×H8cm、価格/590円・税込)なら、お家のあらゆる空間とマッチするので、洗濯機周りにも活用できます。

サイズが複数あるので、選びやすいのも魅力です。

ソフトケース

正面から見たらあまりわかりませんが、実は洗濯ネットなどがストックされています。専用のフタもあります

また、柔らかい素材なので、まわりを傷つけることもあまり気にしなくて済むのでストレスフリーで使えますよ。

 

3.ソフトボックス

ソフトボックス

先述の無印良品と同様、最近の100均ショップでもホワイト系のソフトボックスが多数ラインナップされています。

なかにはまとめ買いする方もいるようです。

ソフトボックス

特に柔らか素材のボックスは、使い勝手が良く、洗面所のスペースになじむので重宝できます。

そして、ほかのグッズとの相性も良いので、配置もしやすいかもしれません。

 

事前にサイズ確認してから、洗濯機周りグッズを揃えてみよう

洗濯機周りグッズ

当然のことながら、洗濯機周りのスペースはそれぞれのお家に違いが生じます。

ランドリーバスケットやボックスは、清潔感と利便性に優れていますが、事前にスペースのサイズや導線にチェックしないと買ってからサイズ違っていたこともあるかもしれません。

サイズなどを確認しながら、洗濯機周りをホワイト系の清潔感あふれるスペースを作ってみてはいかがでしょうか。

※掲載している商品名や価格は2018年10月時点の内容です。