メキシコでは便器に紙は流せないって本当?日本と全然違うトイレ・バス事情

日本の常識が世界の常識ではない。

これはメキシコ在住の筆者が日々感じていることです。

メキシコに住んでいて日本と勝手が違い、困ることもよくありますが、そのたびに日本はなんて便利で恵まれた国だろうと改めて自分の国を見直したりしています。

今回は、日本とはかなり事情が違うメキシコのトイレ・バスについてご紹介します。

メキシコのトイレには大きなゴミ箱が必ずある

メキシコ家庭のトイレには、大きめのゴミ箱があるのが普通です。

その理由は、トイレットペーパーを便器に流せないからです。

メキシコでは、使ったトイレットペーパーは便器に流さず、ごみ箱に捨てるのがとても一般的です。

メキシコのトイレ

その理由は、水圧です。

水圧が弱いので、トイレットペーパーを入れてしまうとすぐにトイレが詰まってしまうのです。

また、トイレのつまりは、トイレットペーパーの質の悪さも関係しているなどとも言われています。

しかし最近では、水圧問題も改善されつつあり、トイレットペーパーを流す家庭も増えてきました。

筆者もメキシコでは何度も引っ越しをしていますが、水圧が弱く流せなかった家は1件だけ。

現在の家では基本的には流せますが、油断すると詰まってしまうので、小さめのゴミ箱をトイレに置いてあります。

ちなみにゴミ箱は蓋付きではないので、こまめに捨てて清潔に保っています。

 

「公共の場所」でもトイレットペーパーはトイレに流せない

メキシコでは、デパート、レストラン、学校など公共の場所でもトイレットペーパーは基本的に便器に流せません。

レストランのトイレには、「トイレットペーパーを流さないで!」という注意書きが貼られている場所もあります。

蓋付きのゴミ箱もあれば、蓋なしのゴミ箱もあり。

こちらは大手スーパーのトイレ。カバーつきの大きなゴミ箱がおいてあります。

こちらは大手スーパーのトイレ。カバーつきの大きなゴミ箱がおいてあります。

マナーのない人もいるので、公共の場所でトイレを使う時は、結構勇気がいるものです。

筆者の娘も、学校でトイレットペーパーをゴミ箱に捨てる習慣を覚え、家でも捨てるようになりました。

「家では流していいんだよ」と教えても学校での習慣が身についてしまい、便器に流さない娘。こまめな掃除が面倒なので少し困っています。

こちらはデパートのトイレ。こちらのゴミ箱は中くらいの大きさでカバーはありません

こちらはデパートのトイレ。こちらのゴミ箱は中くらいの大きさでカバーはありません

 

バスタブはなし!メキシコ人は一般的にシャワーを浴びるだけ

最後に、メキシコのバス事情について少しお話しましょう。メキシコ人は、基本的にはシャワーしかあびません。

シャワー

kouchan / PIXTA(ピクスタ)

バスタブがある家庭はとても少ないのが事実です。

また、1年を通して暖かい場所がとても多いので、ゆったりお風呂につかって体を温めたいと思うこともあまりないし、お風呂につかるという文化がないように思います。

筆者もメキシコに移住して約10年、バスタブのある家に住んだことは一度もありません。

ただし、メキシコ人はシャワーを浴びる回数は多いです。暑い時期は1日に2、3回浴びる人もいます。

 

いかがでしたか?

メキシコでは、トイレのつまり問題はとても多いので、水道業者は大忙しです。

皆さんも、メキシコにご旅行の際に、トイレで大きなごみ箱を見つけたら、トイレットペーパーは流せないということですので、どうぞお気をつけくださいね。