ドラマ『大恋愛』のケースは現実にもある!若年性認知症の実態って?

10月から放送されているTBSのドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』をご存じですか?

34歳で若年性アルツハイマーを発症する医師という役を女優の戸田恵梨香さんが、その恋人役をムロツヨシさんが演じて注目されています。

34歳でアルツハイマー? 「どうせドラマでしょ、事実じゃないよ」と思う人もいるでしょう。

でも、これは現実的な話でもあるのです。

「若年性認知症」は若い人だけがかかる病気?

「若年性アルツハイマー」という言葉をドラマや映画で初めて聞いた人も多いと思います。

若年性

nonpii / PIXTA(ピクスタ)

分類としては、65歳未満の認知症を総じて若年性認知症と呼び、約4万人の患者がいるなかで脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の2つのタイプが圧倒的に多くなっています。

少数派としては、事故などで脳が損傷して起こる頭部外傷後遺症、多量のアルコールを飲む人が発症するアルコール性認知症などがあります。

若年性認知症の多くは40代後半~60代前半に発症し、発症者の平均年齢は約51歳、女性よりも男性の方が多く発症しています。

 

若年性認知症になると収入減少と介護が同時にやってくる!?

問題は、働き盛りの男性が若年性認知症になった場合、家族への影響がとても大きいということです。

サラリーマン

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

先述のドラマのように34歳で発症することも不思議ではありません。

もしそうなった場合、経済的な問題と介護が同時にやってくる可能性があります。

会社は休職か退職を考えることになるかもしれません。

退職届

CORA / PIXTA(ピクスタ)

子どもが小さいと子育てと介護の両方を妻が担うことになります。

つまりこれまでの生活が一変し、予想もしなかった生活が始まるということです。

 

夫や妻の様子がおかしいと思ったら…

若年性認知症と診断されたら、早めに治療することで、症状の進行を遅らせたり、生活の改善を図ったりすることができます。

診察

タカス / PIXTA(ピクスタ)

また、今後の生活や仕事への準備ができ、病気と上手く付き合っていくことができます。

このように早期発見と早期治療はとても大切なことです。

そのためには、家族や友人、会社の同僚などの身近にいる人が、いつもと少し様子が違うことに気づくことが重要となります。

本人が自分でおかしいと気づくのは難しいので、周りの人が察するしかありません。

例えば、仕事でうっかりミスが多い、忘れっぽい、聞いてないとよく言う、段取りが遅い、やる気がない、など。

やる気のない夫婦

A_Team / PIXTA(ピクスタ)

若年性認知症のことを知らなくても、様子が変だと思ったら、できれば家族に知らせて病院で診察してもらうことをオススメします。

 

できる限りの「支援制度」を利用することが大切!

病院で受診する場合、経内科や物忘れ外来などのある認知症の診断ができる病院を選んで行きましょう。

その際は、必ず家族も付き添って行くようにしてください。

病院で若年性認知症と診断されたら、病院のソーシャルワーカーや役所、社会福祉協議会、地域包括支援センターなどで相談しましょう。

役所

天空のジュピター / PIXTA(ピクスタ)

さらに、経済的な支援制度から介護制度、子どもの授業料減額や奨学金の手続き、医療費や税の軽減など、さまざまな支援制度をしっかり受けて、できるだけ生活を維持できるようにしてください。

介護保険

CORA / PIXTA(ピクスタ)

会社でも傷病手当金や障害年金、また、住宅ローンや生命保険などでの支援制度もありますので、相談してみましょう。

 

離職しないで仕事を続けるために必要なこと

会社によっては認知症に理解があり、病気を考慮した部署で働けるところもあるようです。

オフィス

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

できれば働き続けながら病気と上手く付き合い、生活をしていくことがベストです。

経済的にも精神的も違いますので、離職しないで頑張れるところまでやってみることをオススメします。

夫や妻が若年性認知症になったら、当初はとてもショックでしょうが、将来を悲観しすぎず、現実を早く受け止めることが大切です。

そのためには病気について理解すること!

情報はパソコンやスマートフォンでも調べることができますし、病院、役所などで聞いてみましょう。

 

【参考】

※ 認知症ねっと 若年性認知症(若年性アルツハイマー)とは|初期症状・予防法など