もうラップはいらない!? 保存容器の活用法とカンタン収納術

多くの家庭で使われている保存容器は、便利な物だということはわかっていても、“使いこなす”というところまでいかないのが現状かもしれません。

そのため、ラップに頼らざるを得ないところもあるのではないでしょうか。

今回は、ラップ不要の保存容器の活用方法やワンステップで収納する方法などをご紹介いたします。

保存容器のメリット3つ

保存容器は、本当に便利で経済的、そしてメリットの高いアイテムです。

保存容器

pu- / PIXTA(ピクスタ)

メリットとして筆者が感じているのは以下の3つ。

 

1.冷蔵庫内でもスッキリ収納できる

ラップを使ってしまうと、上に重ねることができません。だから、冷蔵庫内では場所をかなり取ってしまいます。

そして、下記のようにはっきり言って見た目も良くありません。

冷蔵庫

保存容器を使えば、蓋がありますので、上に重ねて冷蔵をすることが可能です。しかも、場所を取りません。

保存容器

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

冷蔵庫内に冷気の通り道ができ、冷却する際の電気代も抑えることに繋がります。

 

2.スナック菓子やパンも簡単保存

食べかけのスナック菓子や余ったパンなどは、湿気てしまうことがあって、捨ててしまわなければならないこともありますよね。

ポテチ

pu- / PIXTA(ピクスタ)

このもったいない状況は、保存容器に入れることで解消できます。

やり方は簡単です。

スナック

  • 保存容器の底に紙ナプキンを敷いて乾燥剤を入れる
  • 中にお菓子やパンなどを入れて蓋をする

こうしておけば、空気に触れることが少なくなるため、湿気てしまうことがありません。

 

3.子どものお手伝いに使える

おかずをしまうのに、ラップを使って失敗すると大量に消費してしまったり、汁がこぼれて冷蔵庫が汚れてしまったりということになりますが、保存容器ならそういった心配がなくなります。

保存容器 惣菜

SoutaBank / PIXTA(ピクスタ)

容器に入れて蓋をして片付けるだけなので、子どものお手伝いにはもってこいです。

忙しいママにとっては大助かりのはず。そして、子どもをほめてあげられます。

 

保存容器は「ワンステップ収納」がベスト

保存容器の収納法は、たくさんあります。今回オススメするのは、一番シンプルな「ワンステップ収納」です。

この方法は、収納棚の扉や引き出しを開けたら、すぐに取り出せるというものです。

しかも、これなら蓋がどこに行ったか分からなくなることもありません。

方法は以下の通りです。

  • 保存容器は、収納を考えている食器棚や引き出しなどに“入る分だけ”を準備します(サイズ違いをいくつか用意)
保存容器

masa / PIXTA(ピクスタ)

 

  • 蓋をした状態で棚に収納します。

保存容器

使って洗ったら、また蓋をした状態で片付けます。これなら蓋がなくなるという困り事が減ります。

しかも、決めた場所に入るだけしか購入しなくていいので、知らない間に増えてしまうようなことはありません

 

筆者宅では、食器棚の仕切り板を1つ外し、広めな区画を用意してあります。

以下が保存容器の収納場所です。一目で見やすく、子どもでも手が届くという2点でこの場所に決めました。

食器棚

 

いつ交換すればいい?「保存容器」の替え時とは?

保存容器は万能ではありませんので、交換・買い換え時があります。

割れたりヒビが入ったりするより前の処分の時期を知っておきましょう。

以下の状態になったら、交換・買い替え時期です。

  • 小傷が多くなった物(雑菌が入りやすくなります)
  • 側面などに点状のものが出てきた物
  • 全体的に変形してきた物(蓋が閉まりが悪いことが目安)
  • 洗ってもニオイが取れない(料理にニオイが移ってしまいます)

今は、アクリルたわしやスプレー泡洗剤などの便利な物がありますので、清潔さを保つことができます。

だから、洗えば何度でも使えるように感じてしまいますが、上記のような状態に1つでも当てはまったら、交換時であると思ってください。

 

いかがでしたか。

保存容器をうまく活用すれば、ラップを使っておかずを冷蔵庫にしまうことがなくなります。

しかも容器に入っているおかずが何なのか一目でわかるため、食べ忘れを防ぐことができます。

100円ショップやホームセンターなどで、お気に入りの保存容器を揃えて使ってみましょう。