ネットで話題の「埼玉物語」で考える移住先の住環境

10月25日、埼玉県は「都会から離れたら家族との距離が近づいた」をキャッチフレーズとした移住促進プロモーション動画「埼玉物語」を公開し、ドラマ仕立ての内容が話題を呼んでいます。

埼玉物語

この動画では「移住をきっかけに家族が笑顔を取り戻していく」という一家のストーリーを描き、さまざまな都会の生きづらさを表現しています。

それらは移住することで解決していくというものなのですが、やはり移住といえば、気になるのは「住宅」です。

「移住するなら、都心ではなかなか住めないような広くて素敵な家に住みたい」と思うもの。

動画に登場する家族も、都会では2LDKと思しきマンションに住み、狭い台所で妻が料理をしているシーンが描かれています。

埼玉物語

さらに、狭いリビングでゲームに熱中する息子と、その子どもと向き合う仕事で疲れて帰ってきたお父さん。

埼玉物語

都会の日常ではありますが、なかなか息苦しいものがあります。

こうした状況に耐えかねたお母さんが「埼玉に引っ越さない?」という提案で、家族の生活は一変していきます。

 

埼玉移住で手に入れた「庭付き一戸建て」が家族に笑顔を取り戻す

動画の中で、やはり大きく変化したのは“住環境”。

埼玉に移住した一家は広い一戸建てに引っ越し、近くの畑で採れた野菜を子どもたちがお母さんに嬉しそうに見せ、都会から遊びに来たママ友がリビングで談笑するシーンが描かれています。

さらに都会暮らしをしていたときは、黙って会社から帰って来ていたお父さんが笑顔で「ただいま」と言っているシーンも。

埼玉物語

何やら、どこかのハウスメーカーのCMみたいですが、「笑顔で“ただいま”が言いたくなる家」が埼玉移住で手に入ったわけです。

「でも、そんな魅力的な住宅が簡単に見つかるの?」

そのような声も聞こえてきそうですが、埼玉県では移住に対するサポートも充実。

詳しくは埼玉県のウェブサイト「住むなら埼玉!移住・定住情報」をご覧ください。

親身に相談に乗ってくれる移住相談員や、空き家バンクなどの情報が掲載されています。

 

「埼玉物語-移住で深まる家族の絆-」
都会暮らしに疲れた一家が移住を決意。最初は反対していた子どもたちも、大自然に囲まれた移住先の埼玉県の環境に惹かれ、笑顔を取り戻していく物語。移住とは何かを問う話題作。

 


Sponsored by 埼玉県庁