暮らしのコツ

夏目 あや子夏目 あや子

洗濯機の防水パンは本当に必要?撤去したら、掃除もラクになり超快適

洗濯機を動かして洗濯機の防水パンパーツを掃除
万が一洗濯機から水漏れをしたときに受け止めてくれる防水パン。ただとても掃除しにくく、管理については主婦を悩ませるもののひとつです。

わが家はその洗濯機の防水パンを思い切って撤去しました。ネット等でもあまり実例を見たことがない洗濯機の防水パン外し工事。詳細にレポートさせていただきたいと思います!

洗濯機の性能が上がり、防水パンは掃除しにくいただのトレイ!?

防水パンは掃除しにくいトレイ?

ずっとマンション業界で仕事をしてきた私には、洗濯機の防水パンは当たり前のものでした。

水漏れした時に水を受けて、床材へのダメージを防いでくれるもの。でも、最近防水パンを設置しない住宅が増えていると聞きました。

たしかに、今は洗濯機の性能も上がり、普通の生活をしていれば水があふれるなんて本当にまれなことです。そうなってくると、ただ掃除しにくいトレイに見えてきまして…。

洗濯機を動かして洗濯機の防水パンパーツを掃除するこの時間。もしかしてなくすことができるのでは?と考えました。

防水パンの取り外しは工務店に相談し設備業者に依頼

まずは、自宅を建ててくれた会社に相談するのが良いと思います。わが家は懇意にしている工務店さんへ相談しました。

洗濯機の防水パンから床の直付けパイプにするには、設備工事のほか多少の大工工事が発生します。また、床に大きな穴が空いているため、その穴を埋める必要があります。

わが家はDIYをある程度得意としておりますので、紹介していただいた設備業者さんに相談し、大工工事はDIYでやることにしました。
まずは、設備業者さんが洗濯機の防水パンを外しに来てくれました。

洗濯機の防水パンを外す設備業者さん

洗濯機の防水パンは四隅に隠れているビスで床にとまっています。これをまず外します。

洗濯パン(防水パン)の下部分

すると見えてくる洗濯機の防水パンの下部分。端の方が掃除できていなかったことがわかる写真ですね…。床の穴の中に見えているのが排水トラップと呼ばれる、臭いを防ぐためについているパーツです。

この部分をカットして、排水管をつなぎ直すという作業です。このカットが、けっこう大変そうでした。狭い部分でやることとプラスチックがかなり厚いので、厚いプラスチックがカットできる工具が必要な工事です。

排水トラップをカットした後の穴の中の様子

カットした後の穴の中の様子です。この細い管のみ床の上にあがってくるので、大きな床の穴をDIYで埋めます。

はずした洗濯パン(防水パン)

ちなみにはずした洗濯機の防水パンはこんな感じです。大きいものなので、自治体によっては捨て方が違うかもしれません。

可能であれば設備業者さんに相談して持って行っていただくのが一番楽かとは思いますが、あらかじめ防水パンの捨て方も考えておくとよいと思います。
ちなみにわが家は環境センターへ直接持っていきました。

排水管につなぐには大工工事が必要

洗濯機の防水パンを取り外して、直接つなぐ

大工工事は主人の出番です。まるで業者さんと見間違うほどの馴染んだ作業着で作業してもらいました(笑)。

わが家の床は無垢の杉板でしたので、厚みがあったため、一部を削り取って新しい板をはめようという計画にしました。

12ミリの深さだけ床の無垢の杉板を四角に削り取る

削る深さを変えられるトリマーなどを使って、12㎜の深さだけ四角に削り取りました。
ここに形を合わせた12㎜のベニヤをはめます。

ベニヤ板にトリマーで小さめの穴をあけ、位置を微調整

管の太さに合わせて、まずはトリマーで小さめの穴をあけ、位置を微調整しました。

防腐・防虫効果がある水性ステインで板を塗装

微調整した後、塗装しました。今回、塗装は水性ステインにしました。防腐・防虫効果があるタイプです。

湿気が入りそうな小口の部分にもしっかり塗りこみました。

ベニヤ板をハンマーで叩きながら、床にはめ込む

この板をショックレスハンマー(ゴムでできているとんかち)でたたきながら、入らなそうなときはやすりで削りつつ

はめること10分。ぴったりはまりました!

キャスターで動かせる洗濯機置き台に設置し、ホースをはめて終了

設備業者さんが用意した管を設置

管はこちらを設置しました。設備業者さんが用意してくださいました。

管を設置して完成

完成です! ここに直接洗濯機のホースをはめこみます。

ホースをつなぎ、キャスターで動かせる架台に洗濯機を載せる

ホースをつなぎ、洗濯機をキャスターで動かせる架台に載せました。「洗濯機置き台」という商品で、耐荷重150㎏。キャスター付きでかなり掃除も便利です。ドラム式洗濯機もOKだそうです。

洗濯機の防水パンに置くよりも高さがあがるので、そこだけ注意が必要です。

以前に比べスッキリ。洗濯機の下の掃除もラクになった!

洗濯機下を床拭きワイパーで掃除しやすく

床拭きワイパーもこの通りスイスイ入ります!とても掃除もしやすくなりました。
防水パンを取り除き、スッキリした洗濯機置き場

以前と比べるとかなりすっきりした印象になりました。サニタリーに入ってすぐの場所に洗濯機があるので、掃除が行き届かないのがとてもストレスでした。

しばらく使っていますが、架台のストッパーもしっかりしているので洗濯機を回している間もまったく動きません!

マンションなど、規約などで外せない場合もあると思いますが、一戸建ての場合は外せる場合が多いと思います。

これから新築する方も、洗濯機の防水パンがついていたら本当に必要か?工務店さんに確認してみるとよいと思いますよ!

  • B!