「ミトン」+100均のマグネットで“くっつけ収納”すると超便利!

熱い鍋やオーブンの天板をつかむ「ミトン」。みなさんの家ではどこに収納していますか?
ここでは100均アイテムでできる、マグネットを使った簡単ミトンの収納方法をご紹介します。

ミトンの置き場所どうしてる?

たとえばお鍋が噴きこぼれそうなとき。
ミトンを使わず、近くにあった適当な布で「アチチチ……」なんて言いながら、鍋蓋を取った経験、ありませんか?

冷蔵庫やキッチンの壁などにフックを付け、掛けて収納しているご家庭は多いと思います。筆者宅でも、このように収納していました。

ミトン

でもこれだと、「いざ使うときに、出し戻しがちょっと面倒だな……」と思っていたんです。

ミトン
 

「ミトンを取り出す→装着する」をマグネットを使ってワンステップに!

忙しい日のキッチンは、煮炊きや炒め物が同時進行になりますよね。

複数のコンロやオーブンレンジを使っていると、不意打ちでミトンが必要になることもしばしば。

その都度、ミトンをフックから外し、手に装着し、使い終わったらまたかける……これって意外とちょっとした手間なんですよね。

ミトン

そこで、100均の『超強力マグネット』と端切れを使い、この手間をワンステップにできるようにしてみました。

ミトン

『超強力マグネット』はセリアで購入した直径16ミリのものを使用。

作り方は簡単。

マグネットを、端切れを使ってミトンの側面に縫い付けるだけ(布が分厚いと、マグネットの強度がなくなってしまうので注意)。

ミトン

このとき、ミトンの手のひら側にマグネットを付けるようにしてください。

筆者は、マグネットを包めるくらいの小さい袋を作り、そこにマグネットを入れてから縫い付けました。

ポイントは、マグネットが動かないようしっかりと固定すること。

ミトン

マグネットを包む布は、アクセントカラーを使っても可愛いです。

 

使い終わったら冷蔵庫にくっつけるだけ!ワンアクションで使えるミトンに

これで「マグネット付きのミトン」の完成です。

普段は冷蔵庫の側面にくっつけているので、使うときは、ミトンの中に手をすっと入れるだけですぐに使えます。

ミトン

使い終わったら、手をミトンに入れたまま冷蔵庫の側面にタッチ。

そのまま手をすっと抜くだけで収納完了です。

冷蔵庫がコンロやオーブンから離れている場合は、セリアの「マグネット用取り付けパネル」を使うのもオススメです。

マグネット用取り付けパネル

たとえばシンク扉の内側に付ければ、「見せない収納」にもなります。

ミトン

 

キッチンツールは適材適所で使えることが大事!

些細なことですが、わが家では今回の工夫でミトンの出番が倍増しました。

ちょっとした手間を省くだけで、料理のしやすさや快適さは大きく変わります。

便利な『超強力マグネット』、ぜひ暮らしの中で役立ててみてくださいね。